「Call of Duty: WWII」

先日、World of Warcraftの“Orgrimmar”にインスパイアされたソーシャルハブ“Headquarters”の話題をご紹介した「Call of Duty: WWII」(コール オブ デューティ ワールドウォーII)ですが、新たに英ガーディアン紙が本作の開発を率いるMichael Condrey氏のインタビューを掲載し、“Headquarters”にスコアストリークのトレーニングエリアを導入することが明らかになりました。

“Headquarters”のスコアストリークトレーニングエリアは、AI兵士を相手に各種スコアストリークを試すことができるもので、Michael Condrey氏はこの要素が小さなアイデアながら、意義深いものだと説明。往々にして(初心者が)高価なスコアストリークを得る機会は少なく、例え獲得したとしても有用な使い方が分からず、抜け目なく利用することができない現状を挙げ、これは苛立たしいことだと強調しています。

なお、スコアストリークのトレーニングエリアは、Sledgehammer Gamesが新たな取り組みとして始めたスタジオ内部のゲームジャムから誕生したもので、マルチプレイヤーに導入されたナラティブベースのウォーモードもゲームジャムから生まれた要素だったとのこと。

情報元及びイメージ:The Guardian, Charlie INTEL

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその118
「4コマ:じじい」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.