「The Elder Scrolls V: Skyrim」

PS3/PC版“Dragonborn”DLCの発売日に関する続報が待たれるBethesdaの人気RPG「The Elder Scrolls V: Skyrim」ですが、予てから2013年も本作に関する何らかの発表が控えているとの予告が行われており、Dragonborn以降のDLC展開にも改めて注目が集まる状況となっています。

そんな中、ZeniMaxの商標登録に絡み、次期DLCがSkyrim地方の西に位置する“Hammerfell”地方の“Redguard”達にスポットを当てた内容になるのではないかとの噂が登場し注目を集めています。(※ Redguardについては98年に発売されたスピンオフ“The Elder Scrolls Adventures: Redguard”でも描かれていた)

これは、ZeniMaxが2011年3月10日に取得した“Redguard”商標を2度更新(※ 最新の更新は2012年8月13日)し、現在も保持していることを受けたもので、現在127種存在するZeniMaxの登録商標には“Redguard”以外にTES世界の種族に関する登録は見られず、地名についてもシリーズのタイトル名に冠された“Skyrim”と“Morrowind”、“Shivering Isles”以外の名称は見られないことから、“Redguard”の登録と更新はやはり何らかのコンテンツを指しているものと考えられます。(※ 登録は“インターネットとワイヤレスデバイスを通じてダウンロード可能なコンピューターゲームソフトウェア”とされている)

なお、The Elder Scrolls V: Skyrim時代のRedguardとHammerfellは、サルモールがWhite-Gold Concordat(※ 国内では“白金協定”)を以て、Hammerfellの南方を帝国から譲り受けたことから、Hammerfell内でRedguard達がサルモールとの激しい主権争いを繰り広げており、本編でもHammerfellの一団が登場するクエストが描かれるなど、Skyrimの状況と密接な関係にあることが知られています。

今のところ、真偽の程は不明な今回の噂ですが、TES的にもRedguardはYokuda文化やNumidium絡みの出来事、前述したサルモールとの長い対立など、興味深いネタが山盛りの存在であり、ZeniMaxによる商標の保持が意味するところに改めて注目が集まるところです。

「The Elder Scrolls V: Skyrim」
お馴染みタムリエルのマップ、Redguard達が暮らすHammerfellはSkyrim地方の南西に位置する
「The Elder Scrolls V: Skyrim」
Hammerfell地方のマップ、Skyrimとの国境には“Dragonstar”と呼ばれる街が存在する
情報元及びイメージ:OXM

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.