「The Division」

先日開催されたE3のUbisoftプレスカンファレンスにてサプライズ発表が行われ、多くのゲーマーや開発者に昨年のWatch Dogsと同様の衝撃を与え話題となった Massive EntertainmentのオープンワールドRPG「The Division」ですが、先日Ubiblogが公開した本作の概要とディテールのまとめやPolygonのプレビューから、新エンジン“Snowdrop”を含む開発状況やゲームプレイに関する詳細など、幾つかの新情報が明らかになっています。

今回は、アナウンス時に報じられた本作の概要と併せて、新たに判明した情報やアートワークを含む各種イメージをまとめてご紹介します。

参考:ブラックマンデーに発生したパンデミックにより文明がたった数日で崩壊する過程を描いたE3映像
参考:崩壊したNYを舞台に、制圧された警察署の解放に向かうプレイヤー達のゲームプレイを収録したデモ映像
  • “The Division”は、ブラックフライデー(※ 年末/クリスマス商戦が最も盛り上がる感謝祭翌日の金曜日)に発生した細菌の爆発的な感染により崩壊したニューヨークを舞台に、パンデミックから3週間経過した都市機能とインフラの再生を目指す特殊部隊“The Division”エージェントの物語を描く。
  • “The Division”は、Mass Effect的なシューター要素とオープンワールドな舞台を特色とするアクションRPGで、タブレットユーザーを含むオンラインCo-opのほか、シングルプレイヤーにも対応。さらにシームレスなPvP要素(※ E3デモの最後にMeganが空中に放ったフレアがPvP開始の一例)の存在も明言されている。
  • 本作のキャラクターはクラス制ではなく、プレイヤーはゲームプレイ中の状況に応じて、多数のスキルを自由に選択しヒーラーやタンクとしてプレイすることが出来る。
  • E3デモ中にはプレイヤー(Nick)がダメージディーラーとしてプレイし、グループメンバーのBronsonがタンク、Meganがヒールを含むサポート役を担当していた。また、E3デモにおいて警察署に突入する直前のスキル選択シーンでは、Meganがスキルにグループヒールをロードしたと報告し、Nickが敵に大ダメージを与えるSeeker Mineを選択する様子が確認された。
  • “The Division”はモバイルタブレットからもプレイ可能で、タブレットプレイヤーは小型のドローンを操作し、地上のプレイヤーに敵の位置を知らせるタグ付けや、パーティプレイヤーに対する体力Buff、敵に対するシールド減少Debuff、プレイ中に蓄積されるゲージに応じたミサイルによる直接攻撃といったプレイが可能となる。
  • ゲーム内には“ブラックマーケット”システムが用意され、プレイヤーは作成した武器やアイテムを他のユーザーと交換することが出来る。
  • これまでFar Cry 3のマルチプレイヤーパートや、Assassin’s Creed Revelationsの“The Lost Archive”DLCを手掛けてきたスウェーデンのMassive Entertainmentが担当する“The Division”の開発は、既に1年半に渡って進められている。なお本作が採用する新エンジン“Snowdrop”の開発期間は3年半とのこと。
  • 6~7人の少数チームからスタートしたMassiveの“The Division”開発は、現在200~280人規模にまで拡張されフルプロダクションが進められている。
  • E3デモ中に地下トンネルを見下ろすシーンでは、近くで行われている参加可能なグループイベントの存在が提示されるが、プレイヤー達は現時点で警察署の安全確保がより重要だと判断し、現場へと向かう様子が確認された。
  • 本作にはストーリーとエンディングが用意されているが、キャンペーン終了後もプレイ可能なエンドゲームコンテンツが用意されている
「The Division」
「The Division」
「The Division」
ウェアラブルコンピューターとAR技術を組み合わせたような“The Division”のメニューUI
「The Division」
プレイヤーは状況に応じて自由にスキルを選択することが出来る
「The Division」
タブレット版のプレイヤーにも様々な役割が与えられる
「The Division」
「The Division」
「The Division」
「The Division」
「The Division」
「The Division」
「The Division」
「The Division」
“The Division”のブースを訪れた宮本さん、UbisoftのFacebookもようこそ宮本さん!と嬉しそう
情報元及びイメージ:Joystiq, UbiBlog, Polygon, Facebook

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.