「Battlefield 4」

先日、国内向けの興味深いインタビューと開発の様子がたっぷりと収録されたDICEのスタジオツアー映像が公開された「Battlefield 4」ですが、昨晩新たに公式Blogが更新され、“The Road to Battlefield 4”シリーズの新エピソードとして、ゲームプレイに豊富なバリエーションと適合をもたらす武器カスタマイズに関するディテールが明らかにされました。

  • 利用可能な武器のアクセサリは前作と比較して3倍を超える規模に増え、これらを装着するスロット数も増加された。
  • これによってもたらされる武器のバリエーションは天文学的な数字となる。例:ある一丁のアサルトライフルをOpticからCamoまでカスタマイズしたバリエーションの数は24万を超える。
  • 武器のカスタマイズ時には、画面右エリアに手軽なビジュアルガイドが表示され、ダメージ、精度、機動性、射程距離、ハンドリングといった武器の統計値がバーで確認可能。
  • アクセサリの選択中には、装備時のStats示す右エリアのバーが動的に変化し効果が簡単に確認できる。
  • 例:Laser Sightを装備した際には腰だめ撃ち精度(Accuracy)の上昇が確認できる。
  • 例:ライフルにAngled Gripを装着した際には安定性(Handling)の上昇が確認できる。
  • Battlefield 4では、Camoの種類が大幅に増加しており、幾つかのカテゴリから選択可能となった。Camoのカテゴリは以下の8種類。
    • Misc
    • Adaptive
    • Autumn
    • Desert
    • Naval
    • Snow
    • Urban
    • Woodland
  • Camoはカテゴリ毎に16種のバリエーションが用意されている。
  • CamoのAdaptiveカテゴリは、プレイ中のマップに適合するCamoパターンがまとめられる新機能で、“Paracel Storm”のプレイ中には青やグレー、緑色のCamoが選ばれ、“Siege of Shanghai”を始めとする都市マップではよりグレー或いは黒いトーンのCamoが並ぶ。
  • Reconの新たなオプションとしてスナイパーライフルに40倍スコープと2倍スコープが実装される。
  • アクセサリスロットに“Canted Iron Sight”を選択した場合、Opticスロットに装着したスコープとアイアンサイトが併用可能。アイアンサイト使用時は銃を45度傾けて射撃する。
  • マップに予め配置される強力な武器“Battle Pickups”が導入される。
  • “Battle Pickups”は、ほとんどのゲームモードで利用可能で全てのマップに用意されている。
  • 例:“Paracel Storm”マップのレーダー用アンテナの通路には、.50 Cal弾が使用可能なスナイパーライフルが用意されている。これは狙撃の訓練に最適なスポットでもあり、プレイヤーに戦略的な価値のあるポジションや新しいタイプのゲームプレイを提示し試みさせる目的を持つ。プレイヤーがReconをプレイしていない場合にも、一時的に狙撃兵の役割を果たすことが出来る。なお、“Battle Pickups”には弾数制限が設けられている。
新たに公開された武器カスタマイズ映像

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.