「Diablo III: Storm of Light」

gamescom会場で実施されたBlizzardのプレスカンファレンスにて、初の拡張パック“Reaper of Souls”が発表され、国内では日本語PS3版のリリースも決定するなど、改めて大きな注目を集めているBlizzardの人気シリーズ最新作“Diablo III”ですが、新たに本作の関連書籍としては4冊目となるノベライズ「Diablo III: Storm of Light」が発表され、来る“Reaper of Souls”と本編を繋ぐ小説が2014年に発売されることが明らかになりました。

“Diablo III: Storm of Light”は、ホラドリムの生き残りを捜すデッカード・ケインとレアの出会いを描いた初のノベライズ“Diablo III: The Order”を著したNate Kenyon氏が手掛ける新作で、以前にDC Comicsから発売されたコミックシリーズ“Diablo: Sword of Justice”の主人公Jacob(※ ティラエルの剣“El’druin”を発見し手に取ったStaalbreakの青年)とXiansaiの女性ウィザードShanarにスポットを当てた作品になるとのこと。

Blizzardの解説によると、Black Soulstoneを確保した天界では、石がImperiusを始めとする大天使達をゆっくりと蝕む状況(この様子は先日公開されたシネマティックトレーラーにも描かれている)となっており、来る小説では、Black Soulstoneの移動もしくは破壊に強く反対するImperius達から石を奪うため、天界の中心に据えられたBlack Soulstoneを盗み出すようティラエルに命じられたホラドリムのメンバー5人を描くことが判明しています。

過酷な任務にあたるホラドリムの5人には、前述したSword of Justiceの主人公Jacobと、強力な力を持つShanar、敬虔なモンクMikulov、勇敢なバーバリアンGynvir、そして謎のネクロマンサーZaylが含まれており、彼らが団結し天界を破滅から守るための物語が描かれるとのこと。

なお、既に海外では本書の予約が開始されており、ペーパーバック版の価格は12.80ドル、発売は2014年2月4日の予定となっています。

先日公開された“Reaper of Souls”のシネマティックトレーラーでは、悲劇的な最後を迎えるホラドリム達の姿が描かれていましたが、長らく姿をくらましていたMalthielがどういう経緯を経てあのシーンに登場するのか、来月発売される3冊目の関連書籍“Diablo III: Book of Tyrael”と併せて、物語の行方が今から楽しみなところです。

「Diablo III: Storm of Light」
情報元及びイメージ:Diablo III

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその99
「3コマ:ベテランどばきんを舐めるな」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.