「Thief」

Deus Exのリブートを見事に成功させたEidos Montrealが開発を進めている新生「Thief」ですが、昨晩ハンズオンイベントのプレビューが解禁され、ゲームの冒頭に用意されたミッション“Lockdown”に関する概要や、PS4版のゲームプレイを収録したプレビュー映像、スクリーンショットを含む複数のイメージに加え、PS4版のDualShock 4を利用した操作方法に関するディテールや、Xbox版のKinect利用に関する興味深い検証など、幾つかの新情報が明らかになりました。

PS4版の未公開ゲームプレイを収録したIGNのプレビュー映像
  • 今回のハンズオンは、先日ニューヨークで開催されたメディア向けのPS4ローンチイベントにて実施された。
  • プレイヤーがミッションを終えると、オプショナルで小規模なタスクが多数利用可能となる。これらのタスクにはレアな収集物の発見や、ガードの一団を無力化するといった目的が含まれる。
  • 各ミッションの終了時には、プレイヤーが取得したLoot品やアクションの結果を示す統計画面が表示される。ミッションでプレイヤーが行ったアクションは“Ghost”と“Opportunist”、 “Predator”の3カテゴリに分類された円形のチャートグラフで提示され、ステルス度が確認可能となっている。
  • PS4版はDualShock 4特有の機能を幾つか利用している。プレイヤーが発見されにくい暗いエリアを移動する場合、DualShock 4のライトバーが深い青で表示され、明るいエリアに移動する場合はライトバーがより明るい白色光に変化する。
  • DualShock 4のタッチパッドは投擲可能なアイテムと矢の選択に用いられる。タッチパッドに触れた状態で指を動かすことにより直感的かつ素早いアイテム選択が可能。
  • 本作のプロデューサーStephane Roy氏によると、Xbox向けにコーナーでの覗き込み動作や、矢を放つアクションをKinectのモーショントラッキングによって可能にする調査が行われたが、プレイヤーの自然な動作がKinectに検知され、偶然にギャレットを動作させてしまうケースが目立ったことから実装は見送られた。Roy氏は、これらのアイデアが紙上ではクールに見えるが、実際には良好に動作しなかったと報告している。
「Thief」
「Thief」
「Thief」
「Thief」
「Thief」
「Thief」
「Thief」
「Thief」
「Thief」
情報元及びイメージ:Polygon, Game Informer, Gematsu

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.