「League of Legends」

F2Pとデジタルゲームの動向を専門に扱う調査会社SuperDataが2013年におけるF2Pタイトルの世界的な収益ランキングを発表し、1位に輝いたSmileGateのFPS“Cross Fire”の9億5,700万ドル(約995億円)に続いて、人気MOBA作品として知られるRiot Gamesの「League of Legends」が6億2,400万ドル(約650億円)で2位にランク入りしたことが明らかになりました。

また、3位には4億2,600万ドルの収益を上げたNexonの“Dungeon Fighter Online”(アラド戦記)がランク入り。4位にはお馴染みWorld of Tanksが登場していますが、その後も“Maplestory”(メイプルストーリー)と初代Lineage(リネージュ)が続き韓国産タイトルが上位を占め、7位にようやくWorld of Warcraftが姿を見せる興味深いランキングが判明しています。

「League of Legends」
SuperData調べによる2013年のF2Pタイトル収益ランキングトップ10
Star Wars: The Old RepublicとTeam Fortress 2が同じ規模というのも興味深い

なお、SuperDataの報告によると、2013年のアメリカにおけるデジタルゲーム市場は前年比で11%の成長を遂げ、117億ドル規模(約1.2兆円)に達しており、中でもF2P市場は前年比で45%もの成長を遂げたことが判明。その一方で、一世を風靡したソーシャルゲームは前年比で22%ダウン、同様にサブスクリプションモデルの収益が前年比で21%ダウンとなるなど、昨今の潮流を示す興味深い動きが報じられています。

「League of Legends」
F2P市場の収益がPC/DLCの市場規模を超えている
情報元及びイメージ:GameSpot, SuperData Research

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.