「Cliff Bleszinski」

先日、盟友Rod Fergusson氏が“Gears of War”フランチャイズへの復帰を果たし、現在の動向に改めて大きなスポットが当たったお馴染みCliffy Bですが、新たにビデオゲーム業界でのビジネス経験を活かしレストランをオープンしたCliffy BがGamerHubTVのインタビューに応じ、レストランビジネスに対する取り組みに加え、現在水面下で進行している新プロジェクトの動向について興味深い見解を明らかにしました。

これまで数枚のコンセプトアートが公開され、新作がPC専用のアリーナFPSであることを既に示唆しているCliffy Bですが、今回のインタビュー(※ 映像の3分30秒あたりから)では、今後4~6週間の内に幾つかのニュースを伝えられるよう望んでいると発言。クラウドファンディングの利用に関する質問にも応じ、自身も可能ならば直接消費者と向き合いたいと発言。外部からの融資は安全作ながら、Kickstarterは美しくロマンチックな存在だとの見解を提示し、Early Access版“DayZ”が収めた成功とコミュニティが一体となってゲームを形作る作品の可能性について思いを巡らせていると述べ、イニシャルコストを賄うための外部融資とクラウドファンディングの両建てを意識していることを示唆しています。

2012年10月のEpic退社以降、様々な方面で活躍しているCliffy Bですが、いよいよ待望の新プロジェクトがお披露目を果たすか、今後の動向に改めて注目が集まるところです。

自身が経営する新しいレストランでインタビューに応じたCliffy B
ビデオゲームビジネスのアイデアや取り組みをレストラン経営に取り入れるあたりが実にCliffy Bらしい
情報元:Shacknews, VG247

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその99
「3コマ:ベテランどばきんを舐めるな」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.