「Ubisoft Toronto」

昨年8月にスタジオ初のタイトルとなった“Splinter Cell: Blacklist”をリリースし、確かな評価を獲得した「Ubisoft Toronto」ですが、開発に参加した“Rainbow 6 Patriots”の動向にも注目が集まるなか、スタジオを率いるお馴染みJade Raymond女史が現在開催中のSXSWイベント会場で海外メディアのインタビューに応じ、スタジオが昨年3月頃の声明に続いて現在も5つの未発表プロジェクトを進行中であることが明らかになりました。

Jade Raymond女史は複数の計画が確かに存在し、それらの全てが未発表だと説明しており、5つの未発表プロジェクトの内、2つが他のスタジオと共に取り組む共同開発プロジェクトであることを明らかにしています。

今回のインタビューではこれらのプロジェクトに関する具体的な言及は行われていませんが、昨年6月には“Blacklist”以降のSplinter Cellシリーズ継続が示唆され、次世代機向けにサムが帰ってくると予告したほか、昨年3月にはJade Raymond女史がBlacklistの開発を終えたUbisoft TorontoがAssassin’s Creedシリーズ新作に参加していることを明言しており、今回提示された5つの未発表プロジェクトに次期Splinter CellとAssassin’s Creed新作が含まれる可能性は非常に高いと言えそうです。

Ubisoft Torontoは動向が心配される“Rainbow Six: Patriots”の開発に参加していたことが知られていますが、担当はマルチプレイヤーマップの開発で、既にその開発を終えたことが報じられていました。

また、余談ながらAssassin’s Creedシリーズの新作については、昨年6月の段階でAssassin’s Creed IV: Black Flagを除いて2本のシリーズタイトル開発(※ 今年と来年向けの新作か?)が進められていることが判明しています。

なお、Jade Raymond女史は今回のインタビューでコンソールゲームの移植作品ではない、モバイルプラットフォーム専用のフランチャイズ製作に興味を示していることを強調しており、コンソール上で良いゲームとモバイルデバイス上の良いゲームが異なることから、モバイルに固有のフランチャイズを構築する価値はあると確信していると語ったことが報じられています。

情報元及びイメージ:Polygon, VG247

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.