「Dying Light」
本作の舞台となるオープンワールド環境の一部地域

“Dead Island”や“Call of Juarez”シリーズをはじめ、面白そうな要素を目一杯詰め込んだアクションRPG“Hellraid”の開発を進めているお馴染みTechlandの新作「Dying Light」ですが、2日目のEGX Rezzed会場にて本作のリードゲームデザイナーMaciej Binkowski氏が登壇した“Dying Light”の開発者セッションが実施され、舞台となるオープンワールドを俯瞰で写したマップイメージが公開されました。

今回のイメージは、本作に用意されたオープンワールド環境の一部を写したもので、本編のエリアはさらに広大となるほか、パルクールを採用した本作の都市環境が高さのある多層構造を特色とすることから、実際の面積よりもさらに広く感じられることが強調されています。

ビデオゲーム史におけるレベル構造の変化や、オープンワールド特有のプレイヤーによる経路選択を判りやすく紹介する未公開シーンを多数含むEGX配信のアーカイブは以下からご確認下さい。

「Dying Light」
本作ではA地点からB地点へ向かう行為自体が一種のアドベンチャーとなる
情報元:Shacknews

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその99
「3コマ:ベテランどばきんを舐めるな」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.