「H1Z1」

先日、“DayZ”との違いやサーバルールに関する意欲的な取り組みなど、幾つかの興味深い続報をご紹介したSOEのF2PゾンビアポカリプスMMO「H1Z1」ですが、先だって2×2ピクセルのgifアニメにモールス信号を仕込ませていた公式サイトにコナミコマンドが実装されていたことが判明し、謎のモザイク画像の発見を経て、恐ろしく暗い夜間のゲームプレイを収録した新トレーラーが発掘されました。

また、John Smedley氏が大量のゾンビが蠢く屋外環境のフッテージを公開したほか、ゲームデザイナーのLeonard Gullo II氏がゾンビの脅威について興味深い発言を行っています。

今回の新たなゲームプレイ映像は、公式サイトでコナミコマンドを使用した際に表示される1314×732ピクセルのモザイクなgif画像に、ほぼ目視では視認不可能な1ピクセルの僅かに明るいドットが暗号として仕込まれていたことから発見されたもので、現在はこの画像に更なる未発表情報が含まれているのではないかと解析が進められています。

新たに発掘された新トレーラー“Will You Survive the Night?”
John Smedley氏が公開した大量のゾンビが蠢くおぞましい屋外
「H1Z1」
参考:ここに暗号が仕込まれていた

先日公開された配信映像はテスト段階のビルドとして、高精度/射程の銃や十分なLoot品、大人しいゾンビの姿が確認できましたが、銃やLoot品のレアリティやクオリティは先日お伝えした通り、今後の開発を経てハードコアなサバイバル向けの調整が加えられることが報じられていました。そんな中、新たに本作のゲームデザイナーLeonard Gullo II氏が本作のゾンビAIに言及し、来るゲーム世界のゾンビが非常に危険な存在であることを強調。さらに、本作のsubredditに登場したSOEの開発者MMODerelict氏が配信ビルドのAIに言及し、映像に登場したゾンビがプロシージャルなスポーンテストを目的にしたものだったこと語り、よちよちと歩く行動のみが実装されていたと明言。現在は効率的な動きを見せる手強いAIの開発を進めていることが明らかにされています。

H1Z1世界のゾンビが危険であることを強調するLeonard Gullo II氏

情報元及びイメージ:MP1st, Worlds Factory

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.