「Destiny」

今年2月上旬に行われたActivision Blizzardの2013年Q4報告にて、Bobby Kotick氏が“Call of Duty”と“Skylanders”に続く次の10億ドルフランチャイズだと断言したBungieの期待作「Destiny」ですが、先週ロサンゼルスで開催されたMilkenカンファレンスに登壇したBobby Kotick氏が“Destiny”の予算に言及し、ビデオゲーム史上最大規模と見られる5億ドル(※ 約510億円)に達していると明らかにしました。

これは、Reutersの報告から明らかになったもので、Bobby Kotick氏は前述したとおり、次なる10億ドルフランチャイズの誕生を目指していることを改めて強調し、ここに5億ドルの予算を投じたと語ったとのこと。

報告によると、5億ドルにはマーケティングとパッケージング、インフラサポート、ロイヤリティ、その他コストを含む予算が含まれており、未確定情報ながら2億6,000万ドルが費やされたと噂される“Grand Theft Auto V”を越えるビデオゲーム史上最大の予算を更新したのではないかと見られています。

余談ながら、Ubisoftの期待作として注目を集める“Watch Dogs”は昨年6月の時点で5,000万ユーロ(約6,800万ドル/71億円)を越えていたことが以前に報じられたほか、“Beyond: Two Souls”の2,000万ユーロ(約28億5,000万円、仏Le Figaro紙が報告)、多数のトイ開発が含まれる“Disney Infinity”が1億ドル(The Wall Street Journalが報告)と報じられた経緯があり、Destinyの予算が如何に異様な規模であるか伺い知れるところですが、Infinity WardとActivisionの法廷闘争に絡み裁判所に提出された2012年当時のBungieとActivision間における契約書にはDestinyの開発費が1億4,000万ドル規模であることが記載されていました。

なお、ロイターは“Destiny”が費やした予算を回収するには1,500から1,600万本の販売を達成する必要があるという概算と、アナリストの販売予想が800万本程度であることを併せて報告しており、来るE3でお披露目を迎えるマルチプレイヤーやベータテストの実施に関する続報とローンチの動向に改めて注目が集まる状況となっています。

情報元:MP1st, Eurogamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその88
「そして250ゴールドが追加された」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.