「Destiny」

現在PS4ユーザー向けに大規模なアルファテストが実施されているBungieファン期待の新作「Destiny」ですが、新たにEurogamerのお馴染みDigital Foundryがアルファビルドのフレームレートを含む技術的な解析を行い、まだアルファビルドながらPS4版“Destiny”が対戦型マルチプレイヤーを含め、非常にソリッドな30fps動作(ネイティブ1080p)を実現していることが明らかになりました。

今回はこの張り付くような動作が確認できる2本の検証映像に加え、アルファビルドに関する技術的なハイライトをまとめてご紹介します。

シングル/マルチプレイヤー両方のフッテージを収録したフレームレートテストその1
フレームレートテストその2、広大なエリアや乱戦でも驚く程安定した動きを見せている

■ アルファビルドに関する技術的なディテール

  • 動作はネイティブ1080pの30fps。余談ながら先日Xbox One版もKinect分のGPUリソースを利用可能な新SDKを採用し同様に1080p30fpsを視野に入れていることが報じられた。
  • AAは今のところFXAAを採用している。
  • Halo: Reachの開発を経てGI表現を含むライティングやレンダリングは全面的にディファードレンダリングに移行している。
  • 昼夜サイクルは60分で推移し、アウトドアと屋内環境を自然に表現するダイナミックなライティングを特色としている。
  • ソフトシャドウと分散シャドウマップを併用。高品質なHDAO(アンビエントオクルージョン)表現と併せて、良好な影表現を実現している。
  • モーションブラーはエッジ周りなど部分的に選択された箇所に効果的に用いられるが、オブジェクトブラーには対応していない様子。
  • ADS時の適用を含むDoFは円形のbokehを利用した高品質な実装が見られる。
  • ケープや旗、サシェ等に布シミュレーションが適用されている。
  • オブジェクトや敵キャラクターの描写距離も良好で、何れも十分な距離から視認でき、突然のポップインなどは見られない。ジオメトリの量も非常に多いが、以前にSiggraphで提示されたテッセレーションについては詳細不明。
情報元:Eurogamer

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.