「PlayStation Now」
無線接続と有線でここまで品質に差が出る

先日開催されたE3にて、7月の北米向けオープンベータ実施が正式にアナウンスされたSonyのクラウドゲーミングサービス「PlayStation Now」ですが、新たにKotakuが幾つかの条件下でPS4の“PlayStation Now”をプレイしたレビュー映像を公開し、接続品質による画質の差や1080p動作、現在プレイ可能な対応タイトルのラインアップ、遅延に関するインプレッションなど興味深いプレイ感が明らかになっています。

  • 無線で接続した際の比較は圧縮率が可変であることを示しているが、適切な接続状態の映像品質は驚く程良く、プレイテストを行った“Dead Island: Riptide”はPS4上で1080p動作していた。
  • “PlayStation Now”の応答時間は概ね好調だが、ラグの存在はかろうじて認識可能な程度で存在する。ただし、PS3のディスク版をプレイし比較すると遅れは顕著に体感でき、近接武器を振り回すようなプレイには問題が見られないものの、銃で緻密なヘッドショットを狙う場合などはレスポンスが緩慢に感じられるかもしれないとのこと。
情報元:Kotaku

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.