「Darksiders」

5月上旬にシリーズを生んだクリエイターとして知られる“Joe Mad”ことJoe Madureira氏とNordic Gamesが“Darksiders”の復活を宣言し、その後もNordicが“THQ”ブランドの商標やソーシャルアカウントを取得するなど、“THQ”時代の人気IP復活に期待が掛かる状況となっていますが、新たにNordic Gamesのプロダクト開発ディレクターReinhard Pollice氏がGenGAMEのインタビューに応じ、既に復活が明言されている「Darksiders」に加え、取得後に具体的な取り組みが報じられていなかった「Red Faction」について言及し、現状と新たな取り組みに関する幾つかの具体的な情報が明らかになりました。

  • “Darksiders”フランチャイズについて語ったReinhard Pollice氏は、現在可能なデザインの方向性を検討する段階にあり、次期“Darksiders”タイトルの可能性を見据えた上で、適切な人達と仕事を進めたいと説明。シリーズのファンを失望させるような作品は作りたくないと強調している。
  • Joe Madureira氏やDavid Adams氏、現Crytek USAのスタッフに対するアプローチについては具体的な言及を避けた上で、彼らが今も“Darksiders”を愛していると説明し、Nordic Gamesが関係者達と対話を持っていると明らかにしている。
  • Pollice氏によると、ゲームプレイにおける“Darksiders III”のコンセプトは当初から存在しておらず、新作に対するアイデアは開かれた状態にあるとのこと。ここでも氏は多数のアングルが存在する中で、正しいアプローチを見つけたいと語っている。
  • かつてシリーズの開発を率いたDavid Adams氏が、フランチャイズの最終的なゴールとして、FuryとStrife、War、そしてDeathが一堂に会する作品の存在を挙げたが、Nordic Gamesはこれも可能性の1つとして視野に入れていると説明。ただし、単なる4人Co-op作品であるべきではないと語り、“Darksiders”シリーズには優れたシングルプレイヤー経験が求められるとの見解を提示している。
  • “Red Faction”については、数ヶ月前にNordic Games内部で“Red Faction Guerilla 2”のアイデアに関する議論が交わされ、前作とは異なる複数の方向性やアイデアが登場している。
  • ただし、“Red Faction”については発表できるような段階ではなく、“Darksiders”と似たフェーズにあるものの、進行はやや遅れているとのこと。しかし、Reinhard Pollice氏は“Red Faction”の新作が思いの外早く登場する可能性もあると語っている。
情報元:GenGAME

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.