「Mass Effect」
以前のプリミティブなフォルムから大きく印象が変わった新しい“Mako”

今年6月のE3にてプロトタイプフッテージを含む開発映像が公開されたBioWare Montrealの次世代機向け「Mass Effect」新作ですが、本日SDCC会場にて、予定通り本作のパネルディスカッションが実施され、搭乗可能な地上ビークル“Mako”のデザインやプレイフッテージ、主人公となるヒーローの外観などがお披露目されました。

また、パネルに参加したGameSpotのAndrea Rene女史やNerd Appropriateの報告から次期“Mass Effect”に関する幾つかのディテールが浮上しています。

  • 初代“Mass Effect”に登場した地上ビークル“Mako”が復活を果たす。パネル会場では“Mako”に搭乗し移動するインゲームフッテージが上映され、以前の“Mako”に比べ非常に速い走行が確認された。
  • Makoのデザインが大きく刷新され、より軽快な動きを特色とするほか、初代のMakoに搭載されていた砲塔が排除された。
  • “Mako”復活の理由は、次期“Mass Effect”が惑星の探索に大きくフォーカスしていることに由来しているとのこと。
  • パネルに登壇したMike Gamble氏は、対戦型のマルチプレイヤーよりもCo-opがBioWareにとって重要だと説明している。
  • パネルでは本作がシェパードの物語ではなく、全く新しいストーリーであることが繰り返し強調された。
  • また、本作が“Mass Effect 4”ではないことも改めて強調され、次の精神的な後継作品だと語られた。
「Mass Effect」
会場ではMakoで移動するフッテージが上映された
「Mass Effect」
「Mass Effect」
「Mass Effect」
「Mass Effect」
参考:EAのE3プレスカンファレンスにて上映されたプロトタイプ映像
情報元及びイメージ:NeoGAF, Twitter, Twitter

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.