「Middle-earth: Shadow of Mordor」

傑作“No One Lives Forever”や“F.E.A.R.”(3を除く)シリーズの成功で知られながら、“F.E.A.R. 2”のリリース以降はやや落ち着いたリリースが続いていた名門Monolith Productionsですが、本日Monolithが“ホビットの冒険”と“指輪物語”をテーマにオリジナルのストーリーを描いた期待作「Middle-earth: Shadow of Mordor」の海外レビューが解禁され、IGNやPolygonが9点台の評価を与えたほか、一部満点も飛び出す高い評価に大きな注目が集まる状況となっています。

“Middle-earth: Shadow of Mordor”は、お馴染み“ホビットの冒険”から“指輪物語”へと至る空白の中つ国を舞台に、オリジナルの主人公を用意することでサウロンの知られざる動向を追うストーリーを描く作品で、ここにシリーズの原点であるトールキンの“シルマリルリオン”から“力の指輪”を作り上げた張本人である偉大なエルフ“ケレブリンボール”の亡霊まで引っぱりだし、仇敵サウロンに対峙させるという、ある意味でこれ以上ない程にリスクの高いチャレンジングなテーマを扱う作品として注目を集めていました。

しかし、失敗すれば世界中の熱狂的なファンを敵に回しかねないMonolithの挑戦はこれだけに留まらず、物語の舞台となるモルドール地方を自由度の高いオープンワールドなゲーム世界として構築し、主人公タリオンには広大な世界を駆け抜けるための“Assassin’s Creed”的なパルクールアクションと、“Batman Arkham”シリーズに象徴されるフリーフロー戦闘を導入。さらに、敵として大量に登場するウルク達をプロシージャル生成することで、全ての個体が異なる顔や体型、装備、名前、他者との関係性、上下関係、成長を伴うプログレッションまで持ち合わせる文字通り“個”として描くほか、2度と同じプレイ展開が発生しないと謳った複雑怪奇なネメシスシステムと併せて、これら全てが果たして本当に1つの作品に結実するのか、これまで誰もその真価を見出せない状況が続いていたと言えます。

そんな中、遂に解禁された海外レビューは、このチャレンジング(でリニア)なメインストーリーとオープンワールド作品特有のプレイヤー自身が紡ぐ自由なストーリー体験が奇跡的に共存しているとの見解や、Batman Arkhamシリーズが築き上げた功績に新たなレイヤーをもたらすに至った成功、ソリッドな戦闘システムとサンドボックス経験、ネメシスシステムが見事に融合したゲームメカニクス、イスタリ(※ ガンダルフやサルマンが所属する賢人団)やビルボ、トルーキンの詩歌まで扱う濃厚なLore、とかくユニバーサル化が優先される近年のAAA作品において、一定のアクセシビリティを犠牲にしてまで盛り込んだ複雑な経験といった要素を本作の長所を挙げ、Monolithの果敢なチャレンジを讃えており、数日後に迫る海外版のローンチと12月25日の国内発売に大きな期待が掛かる状況となっています。

参考:本日公開された国内向けの第4弾トレーラー
  • IGN9.3/10
    “Middle-earth: Shadow of Mordor”は、Batman Arkhamシリーズが切り開いたオープンワールド世界のアクションゲームに新たなレイヤーをもたらすことで、際だつ存在感を放っている。私はプレイに報いるゲームのフィードバックに加え、プレイヤーだけでなく、私が実際に戦う敵にまで用意されたプログレッションを伴う素晴らしい戦闘の一体ぶりに驚きを隠せなかった。

    • +:優れた戦闘
    • +:敵のプログレッション
    • +:マインドコントロール
    • -:刺激的でないキャンペーンミッション
  • Polygon9.5/10
    “Middle-earth: Shadow of Mordor”は、優れたストーリーを伝える一方で、プレイヤー自身が良い物語を発見する手法まで提示した。ゲームプレイの基盤は非常に強固で、ゲームにおいて余り刺激的ではない箇所でさえ素晴らしい仕上がりに昇華させている。
    ほとんどのビデオゲームは、プレイヤーに物語を伝えるか、もしくはプレイヤーが自分自身の物語を作成できる世界を提示するか、そのどちらかを選択するが、“Shadow of Mordor”はこれら2つの道筋が混じり合い、例外的な成功を見せる極めて希少な作品だと言える。
  • Game Informer8.25/10
    “Middle-earth: Shadow of Mordor”は、時にアクセシビリティさえ犠牲にし、挑戦的で複雑な経験を臆せずにもたらしている。私はトルーキン作品の肥沃な世界に新しいフランチャイズを得て喜びを感じている。ミッションデザインにおける革新的なアプローチと確固としたゲームの基盤は、本作が新シリーズとして燦然と輝く星であることを告げている。
  • Gamespot8/10
  • Eurogamer8/10
  • Destructoid6/10
  • Shacknews9/10
  • Joystiq5/5
  • Hardcore Gamer4.5/5
  • GamesTM8/10
  • GamesBeat80/100
  • GamesRadar4.5/5
  • Playstation Lifestyle9/10
  • Gamefront9/10
  • The Escapist4.5/5
  • EGM8.5/10
  • Cheat Code Central4.4/5
  • XboxAchievements80/100
  • Gaming AgeA-
  • MMORPG8.2/10
IGNのレビュー映像、スコアは9.3/10※ ネタバレ注意
GameSpotのレビュー映像、スコアは8/10※ ネタバレ注意
GamesRadarのレビュー映像、スコアは4.5/5※ ネタバレ注意
MMORPGのレビュー映像、スコアは8.2/10※ ネタバレ注意
「Middle-earth: Shadow of Mordor」
「Middle-earth: Shadow of Mordor」
「Middle-earth: Shadow of Mordor」
「Middle-earth: Shadow of Mordor」
「Middle-earth: Shadow of Mordor」
「Middle-earth: Shadow of Mordor」
「Middle-earth: Shadow of Mordor」
「Middle-earth: Shadow of Mordor」
「Middle-earth: Shadow of Mordor」

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.