「Patrice Desilets」

先日、数ヶ月の沈黙を経てモントリオールに新スタジオ“Panache Digital Games”を設立したことが判明したAssassin’s Creedシリーズの立役者Patrice Desilets氏ですが、新たにPanache DigitalがEurogamerの確認に応じ、先日ご紹介した複雑な経緯により裁判沙汰となっていた新作「1666: Amsterdam」を巡るUbisoftとPatrice Desilets氏の争いが現在も続いていることが明らかになりました。

これは、Panache Digital Gamesの広報が来るデビュー作における“1666: Amsterdam”の影響について聞いたEurogamerに対して、“1666: Amsterdam”がまだ法的な手続き上にあることを理由に、しばらくは何も明らかにできないと説明したもので、今のところ1666の現状に関する具体的な情報は明らかにされていません。

一方で、スタジオの広報はPatrice Desilets氏が現在も権利の為に戦っていることは重要だと説明しており、件の問題が現在も係争中であることを示しています。

なお、この問題はTHQから作品の権利とスタジオを購入したUbisoftが、Patrice Desilets氏を解雇し、その後作品の凍結を決定したことに起因するもので、氏はIPの購入権利と解雇に絡む賠償を求め2013年6月にUbisoftを提訴していました。

情報元:Eurogamer

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.