「Killing Floor」

“Dota 2”や“Counter-Strike: Global Offensive”のヒットを受け、Steamのアクティブユーザーアカウントが1億2,500万規模となり、隆盛を極めるMOBAジャンルや“World of Warcraft”の劇的な復活、ハードコアなオールドスクールRPGの台頭、驚くほど充実したアドベンチャー作品のラインアップなど、脚光を集めるVRデバイス分野を含めPCゲームに大きなスポットが当たる昨今のビデオゲーム文化ですが、現在注目作「Killing Floor 2」の開発を手掛ける“Tripwire Interactive”のボスJohn Gibson氏がPC Gamerのインタビューに応じ、現在のPCゲーミングが2度目の黄金時代を迎えているとの興味深い見解を提示しました。

これは、Steam最初期のサードパーティデベロッパとして“Red Orchestra: Ostfront 41-45”(2006)をリリースした当時の状況を振り返ったJohn Gibson氏が、Steamと提携した2005年当時は皆が一様に声を揃えて“PCゲーミングは死んだ”と語っていたと振り返った上で、現在巨大なオーディエンスを擁し優れた機会を提供するSteamのプラットフォームとしての成功を強調したもので、Gibson氏はVRのような新しい技術の出現がPCゲーミングをさらに前進させるかもしれないとも語っています。

一方で、新たな問題も生じていると語ったGibson氏は、大量の作品が存在する現在のPCゲーミング市場において、新しい独立系デベロッパにとってはゲームそのものを開発することよりも、ユーザーに作品を認知してもらうことがやや困難だと説明。120万人規模のユーザー数だった2005年に比べて、PCゲーミングのオーディエンスそのものが成長したと市場規模の著しい拡大を強調しています。

情報元及びイメージ:PCGamesN, PC Gamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその114
「3コマ:解除したのに」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.