「AR VR」

ValveがHTCと共同開発した新型デバイス“HTC RE Vive”や“Oculus Rift”の製品版発売に向けた取り組み、SonyのPlayStation用VRデバイス“Project Morpheus”の動向など、VRデバイスに関する話題が大きな注目を集める昨今ですが、新たにサンフランシスコの調査会社Digi-CapitalがAR(代替現実)とVR(仮想現実)分野のビジネス的な市場動向を伝える調査報告を発表し、2020年までに両分野を合わせた市場規模が1,500億ドル規模に到達するとの見解を提示し話題となっています。

これは、Digi-Capitalが2016年から2020年に掛けて予想される市場の動向を26ページに渡って要素別にまとめた“Augmented/Virtual Reality Report 2015”に記されたもので、Digi-CapitalのMDを務めるTim Merel氏は、VR分野が2020年に300億ドル市場に達する一方で、2020年のAR市場が1,200億ドル規模に達するとして、以下のようなディテールを報告しています。

  • Tim Merel氏は、未だ市場と呼べるマーケットが存在しないAR/VR分野の巡視な定量分析は困難だとした上で、来年始まるであろう新技術の到来が既存の製品を刷新し、新しい市場を育む十分な強さを持っていると説明。共にヘッドセット型のデバイスを持つAR(代替現実)とVR(仮想現実)において、現実に仮想情報をオーバーレイさせることで拡張する“AR”と、基本的に完全な没入型体験となる“VR”の違いは些細な区別ではなく、ARがタブレットやスマートフォン市場を巻き込み優位に立つ可能性を持っていると延べ、この普及に大きな役割を果たすであろう潜在的な存在としてAppleとGoogle、Microsoft、Facebookを挙げている。
  • 一方、Merel氏は“VR”がゲームと3D映画に適していると語り、没入型の体験が基本的に着席して楽しむものになるだろうと利用シチュエーションが限定的であることを示唆している。また、氏は2020年に300億ドル規模に達すると予想したVR分野の規模が単なるニッチ市場ではないと説明。VR分野が内包する具体的なニッチ市場として医療や軍事、教育関係の市場を挙げている。
  • 一方、4年で1,200億ドル市場に達するとされたAR分野については、今後電子決済や音声呼び出し、Webブラウジング、映画やTVのストリーミング、企業用アプリ、広告、コンシューマーアプリ、テーマパークライドといった利用方法が登場し、スマートフォン/タブレット市場に親和性の高い普及によって市場を勝ち取るかもしれないとの見解を提示している。
「AR VR」
Digi-Capitalが発表した2020年までの推移予測、2018年を境にAR分野が大きく伸びている
「AR VR」
Digi-Capitalが発表した2020年における市場シェアの内訳予想
何れもハードウェア販売が最も多いがAR分野の幅広い活用が目立つ
情報元及びイメージ:VentureBeat

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその106
「4コマ:4回やってもこうなった」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.