「XCOM 2」

昨晩、海外で正式アナウンスを迎え、これまでエイリアンの侵略から地球を守ってきたシリーズタイトルの歴史から一変、XCOM側がエイリアンの統一政府に反旗を翻しゲリラ戦を繰り広げる反撃の物語を描くことが明らかになったFiraxisの新作ストラテジー「XCOM 2」ですが、新たに2Kが国内向けに日本語字幕を追加した本作のアナウンストレーラー“真実の時”を公開しました。

エイリアンが樹立した新政府“ADVENT”が掲げる偽りの楽園と、都市部でゲリラ戦を開始するXCOM部隊、新たなドローンユニットや新エイリアンの姿が確認できる最新映像と新作の概要は以下からご確認ください。

新たに公開された字幕入りのアナウンストレーラー

2K、Firaxis Games において『XCOM® 2』を開発中であることを発表

名作と名高い『XCOM: Enemy Unknown』の続編がもたらす新たな世界秩序 –
エイリアン支配下となった地球で、人類のため、再びXCOMが立ち上がる!
Twitterでのフォローは、ハッシュタグ#XCOM2

於東京(日本)、2015 年6月 2 日発表– 2K 及び Firaxis Games は、ゲーム・オブ・ザ・イヤー(※1)を獲得したストラテジーゲーム、『XCOM®: Enemy Unknown(エックスコム:エネミーアンノウン)』の続編となる『 XCOM® 2(エックスコム 2)』の開発が、Windows PC を対象として進行中であることを発表いたしました。
Firaxis Games が開発を進める『XCOM 2』は、人類がエイリアンの軍勢に無条件降伏してからの 20 年後の未来が舞台となっており、そこではエイリアンによる新たな世界秩序が構築されています。今や多くにその存在を忘れ去られた機密グローバル軍事組織「XCOM」は、エイリアンの支配から地球を取り戻し、人類を解放する為、再び立ち上がります。『XCOM 2』の発売は、現時点では 2015 年 11 月を予定しています。また、Feral Interactive からMac 版と Linux 版の発売も予定しています。

『XCOM 2』では攻守が所を入れ替え、XCOM が攻める側となります。しかし XCOM の戦力には限りがあるため、新たな移動司令部でのエイリアンとの正面対決は徹底して避ける必要があります。プレイヤーは、火力とステルス戦術を組み合わせて XCOM の戦力増強を助け、抵抗組織のネットワークを築きつつ、邪悪なエイリアンの陰謀を暴き、人類を危機から救わなければなりません。『XCOM 2』では、プレイのたびに異なるゲーム体験を実現する自動生成レベル機能や、MOD への対応の強化といったゲームプレイ機能が導入されます。また、アップデートされた 5種類のソルジャークラス、強化されたソルジャーカスタマイゼーション、多様性を増したエイリアンや敵の種類、より高度になった戦術等、様々な新コンテンツをお届けします。

「Firaxis Games は、ゲーム・オブ・ザ・イヤーを獲得したタイトル『XCOM: Enemy Unknown』により、多くのファンに愛されるシリーズを再創造可能であることを証明しました。『XCOM 2』では、同シリーズにまた新たな息吹が吹き込まれます。壮大なストーリーとともに、非常に困難極める状況に立ち向う冒険の世界へ皆様を誘うでしょう。」

―クリストフ・ハートマン / 2K 社長

「『XCOM 2』の開発にあたっては、熱烈な XCOM コミュニティからのフィードバックが重要な役割を果たし、私たちのストラテジーゲームにおけるグラフィック、ゲームプレイ、リプレイ性等の限界に挑戦し続ける原動力となりました。XCOM をより魅力的に彩る新しいエイリアンや敵、ソルジャークラスに加え、自動生成レベルや MODへの対応といったファン待望機能の導入などには、私たち自身が興奮しています。」

―ジェイク・ソロモン/ Firaxis Games『XCOM 2』クリエイティブ・ディレクター

『XCOM 2』の詳細情報は、IGN.com でも入手可能です。『XCOM 2』は 6 月の IGN First タイトルとして特集されています。来週には、ゲームプレイの印象、エイリアンや敵の種類の詳しい分析、新しいソルジャークラス、戦術、ストーリーのヒントなど、『XCOM 2』の具体的な情報が IGN によって独占公開されます。

『XCOM 2』は Windows PC に対応し、現時点では 2015 年 11 月の発売を予定しています。ESRB レーティングは未定です。『XCOM 2』の詳細な情報につきましては、www.XCOM.com にアクセスしてください。

Facebook での「いいね」、Twitter でのフォロー(ハッシュタグ#XCOM2 )、YouTube でのチャンネル登録もお待ちしております。

(※1) XCOM: Enemy Unknownは2012年、GameTrailers、GiantBomb、Kotakuの3つのサイトとブログにより、ゲーム・オブ・ザ・イヤーに選定されています。
Firaxis Gamesは2Kの開発スタジオです。2K はTake-Two Interactive Software, Inc. (NASDAQ: TTWO)のパブリッシングレーベルです。ここに含まれるすべての商標ならびに著作権は、それぞれの所有者に帰属します。

概要

『XCOM 2』は、2012 年度ゲーム・オブ・ザ・イヤーを受賞したストラテジーゲーム、『XCOM:Enemy Unknown(エックスコム:エネミーアンノウン)』の続編です。

地球は一変した。地球の指導者たちはエイリアンの軍勢に無条件降伏し、最後の砦であった XCOM も解体され、散り散りになった。あれから 20 年。エイリアンはこの星を支配し、人類の輝かしい未来を約束する壮麗な都市を建造している。しかし、その影では不吉な計画が進められ、新体制に異を唱える人々が抹殺されていた。

最低限の自由を享受できるのは、世界の果てに暮らす者だけだ。そんな中、XCOM が再び人類のために立ち上がった。逃亡を続け、道を探し求めながら。灰より甦り、この支配の裏に隠された恐ろしい真実をあばき、エイリアンの脅威を永遠に葬り去るために。

主な特徴

  • 劣勢の XCOM:プレイヤーにはエイリアンの補給艇を改造した XCOM の移動司令部、アヴェンジャーの指揮が託されます。世界各地の攻撃部隊に指示を発し、民衆の支持を高め、エイリアンの邪悪な計画を暴いてください。
  • レジスタンス部隊の構築:ソルジャークラスは 5 種類。新たなクラス能力「モメンタム(Momentum)」など、スキル・ツリーはクラスごとに異なります。自分の戦い方にあった戦士を作り上げてください。
  • ゲリラ戦闘:新たなゲームプレイシステムにより、戦術面での柔軟性がさらに向上。世界の情勢もそれぞれの戦闘任務の状況に影響を与えます。待ち伏せによって敵パトロール部隊を奇襲する、貴重な装備やアーティファクトを鹵獲する、重要人物や負傷した戦友を撤収地点まで運んで救助する等、様々なことが可能です。
  • 新たな敵:強力な新種のエイリアンに始まり、彼らの支配体制を守るアドヴェント(ADVENT)まで、多種多様な敵が登場。どのように戦うべきかは、それぞれ大きく異なります。
  • 研究開発とアップグレード:アヴェンジャーを改装することにより、XCOM は新たな戦闘能力を獲得していきます。科学者や技術者に研究開発を行わせ、自分の戦い方に合うよう武器と防具をアップグレードしてください。
  • 1 つとして同じものがない数々のミッション:人里はなれた土地からエイリアンが支配する巨大都市、さらには敵基地の奥深くまで、ミッションは世界中のあらゆる場所で展開されます。マップ、ミッション、目標の組み合わせは、事実上無限です。
  • カスタム MOD の作成:コミュニティに焦点を当てたツールを使うことにより、自分だけのキャンペーンや戦術的ゲームプレイ、エイリアン、クラス、戦略的なゲーム機能等を作成し、Steam Workshop 内でシェアすることが可能です。
  • マルチプレイヤーでの対戦プレイ:人類とエイリアンを組み合わせて部隊を編成し、ランダムに生成されるマップでの対戦プレイを楽しめます。

「XCOM 2」商品スペック

  • タイトル名:XCOM 2
  • 発売元:テイクツー・インタラクティブ・ジャパン
  • 開発元:Firaxis Games
  • ジャンル:ストラテジー
  • ハード:PC (Windows, Mac, Linux)
  • CERO 審査中
  • 発売日:2015 年 11 月(予定)
  • 公式サイト(英語版):www.xcom.com

©2015 Take-Two Interactive Software and its subsidiaries. Take-Two
Interactive Software, Inc., 2K, Firaxis Games, XCOM, and their respective logos
are trademarks of Take-Two Interactive Software, Inc. All rights reserved. All
other marks are property of their respective owners.

「XCOM 2」
「XCOM 2」
「XCOM 2」
「XCOM 2」
「XCOM 2」
情報元:プレスリリース

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその111
「言葉のチョイスはそれでいいのだろうか」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.