「Mad Max」

先日、プレE3イベントの情報が解禁され、ど派手なストーリートレーラーが公開されたAvalanche Studiosの最新作“Mad Max”ですが、先ほどワーナーが日本語版「マッドマックス」の発売日決定を報じ、期待の新作が10月1日に発売を迎えることが明らかになりました。

また、発表に併せて本作の背景やビークルを含む多彩なカスタマイズ、過酷なロケーションと探索、本作の主要な要素と初回限定特典となるビークル“リッパー”の外観を含む字幕入りの新トレーラーが公開されました。

「Mad Max」
初回限定特典となる“リッパー”の外観

新世代機で始まるオープンワールド カーアクションアドベンチャー『マッドマックス』2015 年 10 月 1 日発売決定 初回限定特典は“リッパー”

愛車と共に、荒野を生きろ。

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントは本日、PlayStation®4、Xbox Oneで発売予定の『マッドマックス』を2015年10月1日に発売予定であると発表いたしました。

『マッドマックス』は新世代のオープンワールドを標榜するゲームで、プレイヤーは映画同様に主人公のマックスとなり、荒廃した世界を愛車とともにサバイバルするタイトルとなっており、新世代ゲーム機でしか味わえないゲーム内容を目指し、鋭意開発中です。

初回限定特典は、ゲームの最初の方から使用可能なマックスのサバイバルをサポートする車『リッパー』のDLCコードです。
この機会をお見逃しなく、このスペシャルカーをぜひ愛車にしてください。

本日、マックスの最新トレーラーも公開いたします。すべてを失ったところから始まるマックスの旅路の新たな相棒、“マグナム・オプス”をカスタマイズし砂漠を駆ける疾走感と壮絶なカーバトル、そしてマックスがこの世界を生き抜く力を身に着け、荒れ果てた世界に立ち向かっていく様を、映画と見まがうほど極めて精緻に作り込まれた映像でお楽しみいただければ幸いです。

この夏の最新話題映画『マッドマックス 怒りのデスロード』も間もなく公開となっております。吹き荒れる『マッドマックス』旋風、そしてゲーム『マッドマックス』にどうぞご期待ください。

『マッドマックス』ゲーム概要

新世代機によるオープンワールドアドベンチャー
舞台は文明社会が荒廃してしまった近未来。
荒廃したのは世界だけでなく、人心も同じであった…。
プレイヤーはこの過酷な世界を生き延びる男「マックス」となって、自由自在にサバイバルする。
新世代機ならではのクオリティで提供されるオープンワールド カーアクションアドベンチャーに括目せよ。

相棒となるマシンをカスタマイズせよ
主人公マックスの愛車「インターセプター」、今やそれは失われてしまった。
新しい愛車「マグナム・オプス」を自由にカスタマイズし、この世紀末の世界を生き残れ。
エンジンやタイヤ、装甲、シャシーなど車としてのパーツはもちろん、搭載する武装もアップグレード可能。
当然、外観もそれに伴い変わっていく。自分好みの愛車=相棒を作り上げ、サバイバルの友とせよ。

伝説の映画×最新のゲームデザイン
メル・ギブソン主演の映画『マッドマックス』は、1979年に公開され、ハードな世界観やド派手なカーアクションでファンを魅了、続編も公開され、当時のカルチャーに大きな影響を与えたと言われている。
これをJustCauseなど、人気&高評価タイトルを手がけるAVALANCHE STUDIOSがゲーム化。伝説の映画が、最新のゲームデザインで登場する。
今年は新作映画『マッドマックス 怒りのデスロード』も公開(日本では6月20日公開予定)、その盛り上がりはクライマックスへ。

商品スペック

  • タイトル:「マッドマックス」
  • プラットフォーム:PlayStation®4 / Xbox One
  • CERO レーティング:審査予定
  • 発売日:2015 年 10 月1日発売予定
  • 価格:7,600 円(税別) / DL 版 7,100 円(税別)
  • ジャンル:カーアクションアドベンチャー
  • プレイ人数:1 人
  • 公式サイト:madmaxgame.jp
情報元及びイメージ:プレスリリース

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその114
「3コマ:解除したのに」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.