「The Division」

昨日開催されたUbisoftのE3プレスカンファレンスにて、PvPエリア“Dark Zone”における強力な装備のLootや裏切りを含む緊張感溢れる対人戦の様子を収録したゲームプレイ映像がお披露目された「Tom Clancy’s The Division」ですが、新たにプレスカンファレンス時のプレイとは別のセッションを記録した10分強の“Dark Zone”プレイスルー映像が公開されました。

新たに公開された“Dark Zone”のプレイスルー

“Dark Zone”は、探索にガスマスクが必要とされるほどウイルスが濃く残る特定の地域を指す名称で(※ 通常エリアと特定のアクセスで繋がっており、ロードを挟むことなくシームレスに進入可能)で、都市の混乱に乗じて集まった脱獄者を含む(AI駆動の)犯罪者勢力“Riker”や炎による街の浄化を図る狂信的なカルト勢力“Cleaner”達が存在するだけでなく、他のプレイヤーグループも存在する対人戦可能なPvPエリアで、高リスクながら通常エリアよりも強力な装備のLootが期待できることから、多くのプレイヤーが集う油断のならないエリアとなっています。

なお、今回の“Dark Zone”プレイスルー映像では、プレイヤーがオレンジ色で表示されるレジェンダリ級の装備を箱から入手していますが、このエリアに存在する装備はウイルスで汚染されていることから、通常のインベントリ装備としてエリア外に持ち出すことができず、これを入手するにはLoot品の回収地点でフレアを焚きヘリコプターを呼び出し、回収後に汚染の除去処理を加えることでようやく装備可能となります。(※ 余談ながら、通常プレイ時にレジェンダリ級の装備がドロップした場合、地面に“Diablo III”のようなオレンジ色の光りの柱が立ち、ドロップを見逃すことがないよう強調される)

回収地点は“Dark Zone”の決められたエリアを利用する必要があり、到着まで待機時間が必要となることから、必然的に回収地点はプレイヤーグループが相手の戦利品を奪い合う過酷な戦闘が生じる可能性が強く、今回の映像にも複数のプレイヤーグループとの戦闘がまるでWaveサバイバルのように発生する様子が確認出来ます。

また、“Dark Zone”において他のプレイヤーグループを襲撃する行動にはランクやリスポーンに関係するリスクが存在しており、現段階で以下のような仕様が確認されています。

  • “Dark Zone”内で死亡した場合は、エリア内で入手したLoot品(汚染武器)を失った状態でリスポーンする。
  • 他のプレイヤーを先に攻撃し“Rogue”フラグが立っている場合には、リスポーンに必要な待機時間が延長され、“Dark Zone”ランクが失われる。
  • “Rogue”ではない状態で死亡した場合も“Dark Zone”ランクが失われるが、“Rogue”である場合のほうがより多くポイントを失う。
  • 死亡を重ねることで、さらにリスポーン時間がスタック式に延長される。
  • “Rogue”状態は一定時間の経過により回復される。ただし、“Rogue”中に再び他のプレイヤーを傷つけた場合はさらに(“Rogue”状態の回復)タイマーが延長となる。
  • 余談ながら、E3デモはXbox One版で動作していたとのこと。
参考:昨日公開された“Dark Zone”のゲームプレイ映像
参考:昨日公開された“The Division”の新トレーラー
情報元:reddit

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその106
「4コマ:4回やってもこうなった」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.