「Call of Duty: Advanced Warfare」

先日、PlayStationとPC版の“Supremacy”DLCが配信された「Call of Duty: Advanced Warfare」ですが、新たにActivisionが第4弾DLCとなる“Reckoning”を正式にアナウンスし、Xbox向けに8月4日の配信を予定していることが明らかになりました。

シーズンパスに適用される最後のDLCとなる“Reckoning”は、4つのマルチプレイヤーマップとExo Zombiesの最終エピソードを含む新コンテンツで、単体の販売価格は14.99ドルとなっています。

“Reckoning”のコンテンツを紹介する新トレーラー

バグダッドのダウンタウンを舞台とする“Overload”

「Call of Duty: Advanced Warfare」

噴水や庭園、装飾用のプラズマランプを備えたエキゾチックなバクダッドのダウンタウンを舞台とする。中~長距離戦が主体となる複数階層と長い射線を特色としている。

研究施設の島を舞台に展開する中規模マップ“Quarantine”

「Call of Duty: Advanced Warfare」

致死的なウイルスのアウトブレイクに伴いバイオロジカル技術のテストセンターとなった島が舞台となる。タイトなコーナーとオープンエリアを組み合わせた中規模マップで、海上の船から壊滅的なミサイルを発射するマップストリークを特色としている。

北極の発掘施設を舞台とする“Fracture”

「Call of Duty: Advanced Warfare」

北極である秘密を発掘するための施設が舞台となるマップで、氷河の上に存在する戦場や氷床が割れるタイマーイベントを特色とする。

ソウルで激しい局所戦を繰り広げる“Swarm”

「Call of Duty: Advanced Warfare」

ソウルを舞台とする狭い通路で建築物で満たされた小~中規模の局所戦マップ。店舗の内部や多くのカバーが存在する屋上など、有利なポジション取りが重要となる。

ジョン・マルコヴィッチが主人公の前に立ちはだかるExo Zombiesパート4“Descent”

「Call of Duty: Advanced Warfare」

ビル・パクストンとローズ・マッゴーワン、ジョン・バーンサル、ブルース・キャンベルが主人公役を担うExo Zombiesシリーズの最終章で、座礁したアトラスの空母から脱出する4人を描く。脱出を目前に、かつての友人でオリジナルの分隊メンバーだったジョン・マルコヴィッチがゾンビとして4人の前に立ちはだかる。

情報元及びイメージ:Polygon, MP1st, MP1st, Charlie INTEL

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその119
「4コマ:このババア」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.