「The Long Dark」

昨年9月22日にSteam Early Access版のローンチを果たし、今年1月中旬に25万本販売突破が報じられたHinterland Studioのサバイバルアドベンチャー「The Long Dark」ですが、先日サンドボックスに大幅なシステムの刷新と数々の新要素を導入する過去最大の大規模アップデートv.256“Deep Forest”が配信され、大きく変わった天候や風雪の遮蔽、けが/疾病の治療、リソースの調達といった要素を紹介する解説映像が公開されました。

スタジオのボスRaphael van Lierop氏が解説を加えたv.256の紹介映像

v.256“Deep Forest”は、ゲーム内のオブジェクトを手持ちの道具で破壊し、直接ストーブやたき火の燃料となる木材や布といったリソースが得られるメカニクスや、燃料を投下することで燃焼時間や熱量を増加させることができるキャンプファイアシステム(ゲームモードよってさらにストリクトな条件が付与される)、物理的なオブジェクトが現実と同様に雪や風を遮蔽し、炎にも影響を与える要素(※ 風雪の遮蔽は風向きも考慮される)、視界を遮る天候や雪のビジュアル的な改善、低体温症等を含めゲームプレイに大きな影響を与えるけが/疾病と治療システムのオーバーホール、歩行速度を上昇させ走るシステムを完全に置き換えた新メカニクス、パフォーマンスやサウンド、HUDの改善など、予てから緊張感溢れるサバイバルを実現していた本作のゲームプレイ体験を著しく向上させる素晴らしいアップデートとなっています。

磁気嵐の影響で技術インフラが全て壊滅したカナダの豪雪地帯を舞台に過酷なサバイバルを描く“The Long Dark”は、かつてRelicでW40k: Space Marineを始めとするW40K作品やCoHの開発を率い、Far Cry 3開発初期のナラティブディレクターを務めたベテランRaphael van Lierop氏が設立した新スタジオ“Hinterland Studio”が開発を手掛ける新作で、Steam Early Accessのサンドボックスモードと平行して豪華なキャストを迎えたストーリーモードの開発も進められており、昨年9月には“The Elder Scrolls III: Morrowind”と“The Elder Scrolls IV: Oblivion”のリードデザイナーを務めたお馴染みKen Rolston御大がデザイナーとしてHinterland入りを果たしたことが報じられていました。

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその107
「バカだと思われてるのだろうか」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.