「Rainbow Six Siege」

先日、待望の日本語版ローンチを果たした人気シリーズ最新作「Tom Clancy’s Rainbow Six Siege」ですが、昨晩初の本格的なタイトルアップデートとなる1.1パッチの変更点や改善、新機能の数々をまとめたパッチノートが公開(※ ハイライトパッチノート)され、新たにPC向けの無料DLCとなるUltra-HDテクスチャパックや予てから問題となっていたチームキル向けの対応、ヒット検知やキルカム周りの修正、マッチメイキングとプレイリストの改善といった変更を導入することが明らかになりました。

また、新パッチのロールアウトに向けたサーバメンテナンスの時間もアナウンスされており、プラットフォーム別のダウンスケジュールが判明しています。

■ サーバメンテナンスのプラットフォーム別実施スケジュール

  • PC:12月16日EST午後1時から2時(日本時間の17日午前3時から4時
  • PS4/Xbox One:12月16日EST午後2時から3時(日本時間の17日午前4時から5時

“Tom Clancy’s Rainbow Six Siege”1.1アップデートのハイライト

■ 新コンテンツと機能

  • PC向けのUltra-HDテクスチャパック:1080p~4K解像度のプレイに顕著な効果を発揮する高解像度テクスチャ、無料DLCとしてUplayもしくはSteamから導入可能。
  • チームキリングに対応するオートキック機能:チームキルに対応する新たな対策として、オートキックを適用させる幾つかのパラメーターが導入される。偶然のチームキルと意図的なキルを区別すべく、今後も開発と調査が進められる。

■ 調整と改善

  • ヒット検知の改善:行動と知覚に遅れを生じさせていたポーンローテーション(回転動作)のレイテンシバグやラペリング時におけるシールドの判定、ラペリング時の移動と射撃、キルカムにおけるヒット位置の描写など、ヒット検知に関する改善と修正。今後もさらなる修正が実装される予定。
  • プレイリストの変更:ランクドプレイリストのHUDをカジュアルプレリストと同様のものに変更。さらに、Minimal HUDの名称をHardcore HUDに変更。なお、2016年初頭の導入に向けて、現在ハードコアプレイリストの開発が進行中。
  • マッチメイキングの改善:ランクドマッチメイキングにおけるマッチングの手法改善やマッチ放棄ペナルティの調整、スキルランクアイコンの表示、PVE/PVPマッチメイキングのバグ修正など。
  • バランス調整:スポーンキルを防止するために防衛側の検知時間を短縮するPvP用の調整や、White Maskの最大数やWave数を減らすテロハン向けの調整など。
  • その他:チャットボックスにて利用可能な文字数を32文字から129文字に増加。Glazが使用するスコープの可視性改善など。(以下に参考イメージあり)
  • このほか、ゲームプレイやレベルデザイン、オンラインフロー、ビジュアル、UI向けの修正を多数導入。
「Rainbow Six Siege」
参考:パッチ導入前におけるGlaz用スコープのビジュアル
「Rainbow Six Siege」
参考:パッチ後のビジュアル、大きく可視性が向上している
情報元及びイメージ:PC Gamer, Ubisoft Forums, Rainbow Six Siege

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその111
「言葉のチョイスはそれでいいのだろうか」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.