UPDATE:2月3日0:09
本日ご紹介した“Bulkhead Interactive”の新作マルチプレイヤーWW2シューター「Battalion 1944」のKickstarterキャンペーンが先ほど正式にスタートしました。

なお、Steam Early Access版と製品版を同梱する13英ポンドの早期限定Pledgeが早くも残り僅かとなっていますので、気になる方は早めにチェックしておいてはいかがでしょうか。

以下、更新前の本文となります。

「 Battalion 1944 」

2015年2月に一人称視点のパズルアドベンチャー“Pneuma: Breath of Life”を発売したデベロッパDeco DigitalとBevel Studiosが合併し誕生したイギリスの新スタジオ“Bulkhead Interactive”が、スタジオのデビュー作となる第二次世界大戦シューター「Battalion 1944」を発表し、早ければ本日中にも10万英ポンドの資金調達を目標とするKickstarterキャンペーンを開始することが明らかになりました。

PS4とXbox One、PC向けの新作として開発が進められている“Battalion 1944”は、“Medal of Honor”や“Call of Duty 2”、“Day of Defeat”といったクラシックをプレイし育った開発者達が、UE4を利用した最先端の技術でクラシックなマルチプレイヤーFPSの精神を今に再現する新世代のWW2シューターで、文字通りの古典と言えるカランタンの郊外やバストーニュの森といった著名なロケーションを舞台に、Kar98やM1ガーランド、トンプソンを手に戦う歩兵戦ベースのゲームプレイを特色としています。

あるタイプのゲーマーには垂涎ものの新作とも言える“Battalion 1944”ですが、既に動作するビルドのゲームプレイを含むプロモーション映像が登場しているほか、スクリーンショットやマルチプレイヤーのディテール、2017年5月のリリース目標に向けたロードマップなど、幾つかの具体的なディテールが明らかになっています。

UE4を採用したビジュアルやゲームプレイ、開発者による解説を収録したアナウンス映像

■ “Battalion 1944”のディテール

  • 開発は昨年11月にイギリスのダービーに設立されたBulkhead Interactive。(※ Bulkheadは前述した通り、Deco DigitalとBevel Studiosが合併し誕生した新スタジオで、2年に渡って同じオフィスで活動していた)
  • 発売時期は未定ながら、2017年5月を当面の目標としている。対応プラットフォームはPS4とXbox One、PC(Steam)。エンジンはUnreal Engine 4を採用。
  • “Battalion 1944”は歩兵戦にフォーカスしたマルチプレイヤーシューターで、強化外骨格やアンロックに頼らないプレイヤースキル重視の作品を目指している。(※ スタジオの開発者はプレイヤースキルがプレイヤー自身のプレイによって決定されるべきであり、不公平で過剰なアンロックやアビリティに依拠するものではないはずだと強調している)
  • 本作のマルチプレイヤーはBattleRankと呼ばれるマルチプレイヤーのバックエンドとシーズン形式の競合コンテンツを擁し、キャラクターや武器の外観カスタマイズを可能にするリワードを用意した大隊向けのシーズン目標といったコンテンツを特色とする。
  • 本作のマルチプレイヤーを支えるBattleRankは、高度なStatsトラッキングシステムを特色としており、リワードや戦績そのものが他プレイヤーとの競争を可能にする主要なコンテンツの一部となっている。
  • CTFやデスマッチ、ドミネーションといったゲームモードに加え、幾つかの新モードが導入される予定。
  • 開発チームが研究旅行でノルマンディーを訪れた際に、多くの兵士がライフルに名前を彫っていたことを知り、これに相当するようなパーソナライゼーションを実現するカスタマイズを視野に入れているとのこと。
  • フレンドと結成可能な小隊と大隊要素が導入される。
  • キャラクターアニメーションはモーションキャプチャーを利用。
  • LANを利用したローカルマルチプレイヤーをサポート。
  • マルチプレイヤー用の公式サーバに加え、管理者が独自にサーバのルールセットを変更可能なホスティングを導入。これにより、ランク/非ランク、プライベートサーバも用意可能。
  • Counter Strike: Global OffensiveやSquadのアンチチート機能を提供するGame BlocksのEasy Anti Cheatを採用。
  • 本作のマルチプレイヤーにおける競合は、多くのプレイヤーによって構成される“大隊”と別の“大隊”の戦いを軸としている。また、シーズン形式で争われる大隊間の戦いは、24時間以内の累計ナイフキル数を競うといったデイリーチャレンジから、フラッグのキャプチャー数を競うといったシーズン目標を通じて争われる。
  • フレンドや別のプレイヤーと結成可能な“小隊”は、前述した“大隊”の属するいわゆるクランで、小隊としてのスコアが大隊のスコアに加算されるほか、小隊にもリワードを用意したチャレンジやオブジェクティブが与えられる。
  • ただし、小隊はリワードのためにプレイヤーの参加を強いるものではなく、大隊に所属しつつソロとしてプレイすることも可能。また、小隊のリワードは大隊におけるソロプレイを通じて同様のコンテンツを獲得可能。
  • シーズン終了時には、プレイヤーや小隊向けにメダルや外観カスタマイズ用のリワードが授与される。リワードにはシーズン専用コンテンツが含まれるほか、大隊で最も著しい活躍を見せたプレイヤーには、非常にレアなリワードが与えられる。
  • “大隊”は、シーズン終了毎にリセットされ、シーズンの開始時に新たな大隊が結成される。また、プレイヤーと小隊は大隊間の支配的なバランスを回避すべく新たな大隊に参加可能。
  • “Battalion 1944”の開発は、現在内部プレアルファ段階にあり、ネットワークに接続された状態で完全に動作している。現在はパブリックリリースに向けて“大隊”経験の最適化を進めている。
  • Founderレベルの後援者向けクローズドアルファを経て、FounderとDeluxeレベルの後援者向けベータを実施。その後Steam Early Access版をリリースし、PS4とXbox One、PC版の製品版ローンチに臨む予定。
「Battalion 1944」
「Battalion 1944」
「Battalion 1944」
「Battalion 1944」
「Battalion 1944」
「Battalion 1944」
「Battalion 1944」
「Battalion 1944」
「Battalion 1944」
「Battalion 1944」
「Battalion 1944」
「Battalion 1944」

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその96
「3コマ:金銀財宝」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.