「Overwatch」

2月16日のアジア向けベータ解禁がいよいよ目前に迫るBlizzardのヒーローシューター「Overwatch」ですが、海外では現行ベータの進行に併せて開発を率いるJeff Kaplan氏が今後の改善や新機能の実装に向けた見解を提示しており、プログレッションのクロスサーバ機能など、幾つか興味深い新情報が明らかになっています。

今回は、Jeff Kaplan氏が投稿したBluepost情報に加え、現行ベータのスクレイピングから浮上した未実装スキンや、ベータの登録ユーザー規模に関する話題をまとめてご紹介します。

■ Jeff Kaplan氏が明らかにした今後の取り組みについて

  • クロスサーバプログレッション機能の実装が進行中:Jeff Kaplan氏によると、“Overwatch”の進行をリージョン間で持ち越し可能にする新技術の開発が進められており、既に今回のベータにてテストが行われているとのこと。これにより、NAサーバで獲得したアンロックが、EUサーバに適用されるといったプレイが楽しめるとのこと。また、氏は開催が迫るアジアサーバもこのクロスサーバ機能が実装された状態で稼動を開始すると予告している。
  • さらなるレジェンダリスキンの実装が進行中:ヒーローの外観を大きく変化させるレジェンダリスキンのさらなる実装が進められているとのこと。また、未確認ながら、既に未実装分のスキンも発見されている。
  • ヒーロー用AIについて:今回のベータに実装された新機能の1つにAIヒーローを含むプライベートゲームの拡張が挙げられるが、Jeff Kaplan氏によると、新たに対AIマッチ向けの難易度選択を実装する予定で、平行してチューニングとAIの改良を進めているとのこと。
  • 近接攻撃Statsの実装が検討中:ユーザーのフィードバックに伴い、近接攻撃によるフィニッシュの統計情報を実装するための調査を進めているとのこと。

■ ベータの応募規模が800万プレイヤーを突破

  • 先日、Activisionの2015年第4四半期報告に併せて実施されたカンファレンスコールにて、前四半期に700万突破が報じられた“Overwatch”ベータ応募規模の最新情報が提示され、遂に800万プレイヤーを突破したことが判明している。
「Overwatch」
現行ベータのスクレイピングから浮上した未実装のPharah用スキン
詳細は不明ながら“Raptorion”と名付けられている
「Overwatch」
多彩なレジェンダリスキンのアバターアイコンも用意されている
ここに描かれたものは何れも前回ご紹介済みのもの
「Overwatch」
参考:こちらはプレイヤー用アイコン、DiabloやWoWを含むBlizzard作品も確認できる

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその96
「3コマ:金銀財宝」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.