「 Elite: Dangerous」

David Braben氏が生んだ歴史ある“Elite”シリーズ最新作“Elite: Dangerous”のシステムをベースに、本編とは独立したカジュアルなプログレッションとゲームモードを持つマルチプレイヤーパートとして導入された“Arena”ですが、本日Frontier DevelopmentsがCQC(Close Quarters Combat)と呼ばれるこのマルチプレイヤーパートのみ収録したスタンドアロン新作「Elite Dangerous: Arena」の販売を開始し、熱いインゲームフッテージを収録したローンチトレーラーを公開しました。

“Elite Dangerous: Arena”のローンチトレーラー

“Elite Dangerous: Arena”は、新たなオーディエンスをターゲットに敷居の低い導入用コンテンツを提供すべく用意されたスタンドアロン作品(※ 既存の本編購入者はメニューのArenaからプレイ可能)で、簡易なロードアウトとビークルの選択、デスマッチ/TDM/CTFに絞られた分かりやすい8人用ゲームモード、シンプルなリスポーン、特徴的な4種のマルチプレイヤーマップ、本編プレイヤーとのクロスプレイを特色とし、価格は5英ポンド/7.49ドルとなっています。(※ Arena購入後に本編又はデラックスエディションを購入する場合、5英ポンド/7.49ドルの割引が適用)

「Elite: Dangerous」
「Elite: Dangerous」
「Elite: Dangerous」
「Elite: Dangerous」
「Elite: Dangerous」
情報元及びイメージ:Rock, Paper, Shotgun, Elite Dangerous

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその96
「3コマ:金銀財宝」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.