「Dear Esther」

先日、“Everybody’s Gone to the Rapture”のPC対応に続いて、新作RPG“Total Dark”を発表したThe Chinese Roomですが、先ほどさらなる取り組みとしてCurve Digitalとの提携がアナウンスされ、2012年に発売したスタジオの代表作として名高い「Dear Esther」をPS4とXbox One向けにリリースすることが明らかになりました。

発表によると、コンソール版が外観の僅かな改善を特色とするほか、オリジナルの開発者達と新たなディレクターが参加するオーディオコメンタリが導入されるとのこと。

Source MODとして誕生した“Dear Esther”は、舞台となる無人島(※ スコットランドのアウター・ヘブリディーズ諸島にあるBoreray島がモデル)の探索を通じて描かれるエモーショナルなプロットと、Jessica Curry女史の素晴らしいサウンドトラックを特色とする、“Everybody’s Gone to the Rapture”の前身とも言える一人称視点のアドベンチャーゲームで、実験的なナラティブデザインと美しいビジュアルが高い評価を獲得していました。

“Dear Esther”のPS4/Xbox One対応を報告したThe Chinese Room
Curve Digitalはコンソール版のパブリッシャーを務める

情報元:Eurogamer

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその96
「3コマ:金銀財宝」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.