「House of the Dying Sun」

ローグライクなスペースコンバットシムとして、元BungieのMike Tipul氏が2012年頃から開発を進めていたMarauder Interactiveの新作“Enemy Starfighter”が、新たに名称を「House of the Dying Sun」に変更し、本日Steam Early Access版の販売が開始されました。

“House of the Dying Sun”は、PCとVRプラットフォーム向けのタクティカルなスペースコンバット作品で、リプレイ性の高い14のキャンペーンシナリオと3段階の難易度、機体のアップデート、直接操作可能な小型の戦闘機に加え、戦略を練るためのポーズ機能付のタクティカルビューや同じ船団の機体を任意に操作できる切り替え機能といったタクティカル要素を特色としています。

また、Steam Early Access版の発売に併せて、Polygonがミッションの展開やUI、戦闘を収録した計30分強のゲームプレイ映像を公開していますので、気になる方はチェックしておいてはいかがでしょうか。

「House of the Dying Sun」
「House of the Dying Sun」
「House of the Dying Sun」
「House of the Dying Sun」
「House of the Dying Sun」
情報元及びイメージ:Polygon, Steam, NeoGAF

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.