「The Division」

昨日、UplayとSteamにて日本語化対応済みのPTSビルドが配信されたPC版「Tom Clancy’s The Division」ですが、新たにUbisoftが公式フォーラムにて1.4 PTSのパッチノートを公開し、ワールドプレイヤー層の導入や膨大な調整の詳細が明らかになりました。

なお、アップデート1.4のPTSは異なる目的を用意した段階的な実施(フェーズ3まで)を予定しており、今後のPTS運用を経てさらなる更新が重ねられる予定となっていますので、今回は変更の主なハイライトをまとめてご紹介します。

■ アップデート1.4PTSの主な変更点

  • 新要素“World Tiers”(ワールドプレイヤー層):30レベルに到達後、遭遇する敵NPCのレベルやドロップの品質が選択可能となる4つのワールドレベルが導入される。
    • クラス1:敵レベル30。リワードの装備スコアは最大163。
    • クラス2:敵レベル31。リワードの装備スコアは最大182。チャレンジ難易度と侵入ミッションが解禁される。
    • クラス3:敵レベル32。リワードの装備スコアは最大204。
    • クラス4:敵レベル33。リワードの装備スコアは最大229。
    • 同じワールドレベルにおけるノーマルとハード、チャレンジの難易度は(敵レベルの上昇が適用されず)より多くのリワードが与えられる。
    • ヒロイック難易度が全てのアクティビティから廃止となった。(※ 先日の発表では侵入にのみヒロイックが適用されると報じられていた)
  • UIの改善
    • 武器と装備の“お気に入り”設定(売却/シェア/分解が阻止される)
    • ショップ向けの“買い戻す”タブ
    • 商人や所持品メニューにアイテムカテゴリを素早く選択可能にする“クイックナビメニュー”が追加
    • 武器スキンのインベントリスペース占有廃止
    • 再調整済みのアイテムを示すアイコン
    • 保管庫のアイテムが分解可能
    • ステータス効果の影響下にある場合、インベントリが利用不可となった
  • ゲームプレイの変更点
    • 敵NPCのキル時間を短縮
    • 敵AIに多数の改善を導入
    • レベル30到達時における弾薬最大所持数が2倍に増加
    • 焼夷弾や炸裂弾がStaggerやOn Fire効果を適用しないよう変更
    • 回転行動後、短時間武器の精度が低下する
    • 弾薬補充を行った場合、武器のマガジンが装填される
    • 全装備の第2統計からスカベンジングが全て削除され、新装備にもスカベンジングは適用されない。※ キャラクターの探索特性には項目が残されている。
    • ダークゾーンにおいてローグ化したプレイヤーの距離が近い場合、ローグを示すマップのインジケーターのサイズが増加する。
  • アクティビティとLoot、リワードの変更
    • 全てのNPCが最上級と装備セットアイテムをドロップし、ベテランやエリートはドロップの機会が上昇する
    • 装備セット固有のドロップに関する重み付けが侵入を除いて廃止され、全ての装備セットアイテムが全てのアクティビティからドロップする可能性がある。
    • デイリーとウィークリー任務のリワードキャッシュがプレイヤーの装備スコアに併せてスケールする装備スコアのアイテムをドロップする。
    • LV33のModと装備スコア229最上級アイテムの設計図が追加。
    • LV30を超えて経験値が獲得できる“Field Proficiency”(フィールドマスター)が追加され、これに伴いLootキャッシュが得られる。
    • 各種ショップの品揃えがプレイヤーの進行によりマッチし、取り扱い商品が増えるよう改善。
    • オープンワールド環境に存在したNPCのローマーグループとボスが再登場する。リスポーンは24時間毎。
    • 全メインミッションのリワードが改善。
    • サーチ&デストロイ及び重要ターゲットの報酬と販売方法を調整。さらに40種の重要ターゲットコントラクトが追加された。
    • アンダーグラウンドの地下ランク40以上を超えて経験値が獲得可能となり、地下キャッシュがリワードとして得られる。リワードにも各種調整が適用。
    • 侵入から特定の装備セットをドロップするLootの重み付けが廃止され、新たにそれぞれが異なる装備スロットの装備セットアイテムを保証するよう変更された(ファルコンロストはグローブとマスク、クリアスカイはボディアーマーとホルスター、ドラゴンズネストはバックパックとニーパッド)。また、C4爆発後のファルコンロストに新たなチェックポイントが追加された。
    • ダークゾーンのボスとサプライドロップのLoot品質が変更。
  • 装備セット
    • 全ての装備セットアイテムからスキルボーナスが削除され、代わりにバックパックとホルスター、ニーパッドにパフォーマンスMOD用のスロットが追加される。
    • 装備スコア182以上の装備セットアイテムに第1特性ボーナス(銃器/スタミナ/電子機器)が付与される。ベースボーナスは182品が48、204品が101、229品が148となる。
    • クリティカル率やヘッドショットダメージを上昇させる装備品のボーナスが現行の状態からスケールダウンされた。
    • アーマー値の算出が刷新され、ワールドレベルによって異なるダメージ軽減値が適用される。最大値は60%。
    • 装備タレントの効果を全面的に刷新。
  • スキル
    • スキルパワーの直線的なスケールが廃止され、効果を徐々に抑える収穫逓減カーブが導入された。
    • ほとんどのスキルからハードキャップを削除。
    • 電子機器から得られるスキルパワーの乗算率を3に変更。これにより予想されるスキルパワー値が以前よりも3倍高くなる。
    • 全スキルと全スキルMOD、シグネチャースキルの大幅な調整。
  • 武器
    • DPSの算出時にマガジンサイズとリロードスピード、命中率、ヘッドショットを参照しないよう変更。
    • 武器MODの主要ボーナスが1つに変更となり、2番目のボーナスが削除される。これに代わり、武器MODの品質に応じて小規模なボーナスが付与される。
    • 水平安定性と初弾の安定性を“安定性”にまとめるなど、幾つかの武器MODの効果を一つに統合。
    • ダメージボーナスが乗算から加算に変更される。
    • 武器タレントのバランスを全面的に再調整。
    • 武器カテゴリと多くのベース武器向けに広範囲なダメージのバランス調整を適用。LMGのベースダメージ強化やSMGのベースダメージ減など。
    • 装備セットのスコア値を最上級アイテムと合致するよう変更。変更は191 > 163、214 > 182、240 > 204、268 > 229。
    • 5セットボーナスを廃止。
    • セット装備13種の各セットボーナスを全面的に再調整。現行の調整ではBLINDとリクレイマーの4セットボーナスが無効化されているが、これは今後改めて導入される予定。
  • その他、大量のバグfixを実装。
情報元:VG247, Ubisoft Forums
『クロワルール・シグマ』パッケージ版3月9日発売決定!

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその102
「3コマ:行き止まりに宝箱!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.