「Battlegrounds」

“Arma 3”と“H1Z1”の人気バトルロイヤルMOD“PLAYERUNKNOWN’s Battle Royale”を手掛け、Daybreak Gamesの“H1Z1: King of the Kill”にも参加したBrendan Greene氏と韓国のデベロッパBlueholeが開発を進めている新たなバトルロイヤルシューター「PlayerUnknown’s Battlegrounds」ですが、2月24日に始動した週末クローズドベータに注目が集まるなか、PC Gamerが本作の新トレーラーを公開。Steam Early Access版“PlayerUnknown’s Battlegrounds”の発売が3月23日に決定したことが明らかになりました。

“PlayerUnknown’s Battlegrounds”は、Brendan Greene氏が生んだArma版“PLAYERUNKNOWN’s Battle Royale”のハードコアなシム要素と“King of the Kill”のアーケードライクな馴染みやすさを兼ね備えたマルチプレイヤーシューターで、高見広春の人気小説バトル・ロワイアルと深作欣二監督の映画バトル・ロワイアルにインスパイアされ誕生したPLAYERUNKNOWN’s Battle Royaleのコンセプトと同じく、多彩な武器やビークルが点在する8平方kmの島で最後の生き残りとなるべく100人規模のプレイヤーが激突する大規模バトルロイヤル作品となっています。

“PlayerUnknown’s Battlegrounds”の新トレーラー
参考:Jackfragsによる“PlayerUnknown’s Battlegrounds”のゲームプレイ
参考:クローズドベータのゲームプレイトレーラー

なお、“PlayerUnknown’s Battlegrounds”のバトルロイヤルマッチは、開始と同時に円形のプレイ可能なエリアが徐々に狭まっていく仕様となっており、プレイヤーはこの円形エリアに留まりながら、必然的に生じる最後の直接対決に備えて島の建築物を探索し多彩な近接武器や銃、弾薬、バックパック、ヘルメットといった装備を収集する必要があります。(さらにプレイヤーのキャンプを抑制する爆撃が定期的に発生する。爆撃箇所はミニマップに赤い円で表示され、事前に回避可能)

また、本作はマッチを通じて得たインゲーム通貨で購入できる多彩なプレイヤーの外観カスタマイズや柔軟なMOD対応を特色としているとのこと。

“PlayerUnknown’s Battlegrounds”の公式サイトにて、3月19日に終了する週末クローズドベータ(金~日)のコードとSteam Early Accessキーを同梱する通常版(29.99ドル)に加え、クローズドベータコード2つとSteam Early Accessキー、専用スキンを同梱するデラックス版(39.99ドル)の販売が行われていますので、気になる方はチェックしておいてはいかがでしょうか。

「Battlegrounds」
「Battlegrounds」
「Battlegrounds」
「Battlegrounds」
情報元及びイメージ:PC Gamer, PC Gamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその111
「言葉のチョイスはそれでいいのだろうか」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.