「Quake Champions」

先ほどボストンで開幕したPAX Eastにて、初のプレイアブル出展が行われているidの期待作「Quake Champions」ですが、新たにidのクリエイティブディレクターTim Willits氏がPolygonのインタビューに応じ、最新作のビジネスモデルに言及。チャンピオンを(フルプライスタイトルに相当する)有料コンテンツとして販売するF2Pタイトルして開発を進めていることが明らかになりました。

  • Quake ChampionsはF2Pタイトルとなり、“Ranger”と呼ばれるチャンピオンが無料のキャラクターとしてプレイ可能。
  • その他のチャンピオンは、ゲームのフルプライス版に相当する“Champion Pack”を通じて販売され、購入後全てのチャンピオンが無制限に利用可能となる。
  • 無料プレイヤーと有料コンテンツを購入したプレイヤーは同じマップを共有し、同じ環境で対戦する。唯一の違いはRangerを除くチャンピオンに対するアクセスのみとなる。
  • Quake Championsには、“Favor”と呼ばれるインゲーム通貨が存在し、これを利用することで一定期間“Ranger”以外のチャンピオンがプレイ可能となる。
  • このほか、“Favor”で購入可能なバックパックが導入され、これを用いたルーンチャレンジがプレイ可能となる。チャレンジを完了した場合、プレイヤーにReliquary(聖骨箱)が与えられ、これを開けることでスキンを含む各種リワードが得られる。
参考:Quake Championsのクローズドベータアナウンストレーラー
Quake Championsの操作方法
Quake Championsがプレイアブル出展されたPAX East会場の様子
PAX EastのQuake Championsブース

「Quake Champions」
情報元及びイメージ:Polygon

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその111
「言葉のチョイスはそれでいいのだろうか」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.