「Call of Duty: WWII」

先日、Activision Blizzardの2017Q1報告にて、好調な予約状況とトレーラーの高評価が報じられた「Call of Duty: WWII」(コール オブ デューティ ワールドウォーII)ですが、新たにSledgehammerを率いるMichael Condrey氏がGamesRadarのインタビューに応じ、主要キャラクターに関する幾つかのディテールを明らかにしました。

既に第1歩兵師団第16歩兵連隊所属の主人公Ronald “Red” Danielsや同じ分隊に所属するRobert Zussman、フランスのレジスタンスを率いる女性Rousseau、英陸軍のEdgar Crowley少佐といった主要キャラクターの登場が判明している“Call of Duty: WWI”ですが、Michael Condrey氏はDanielsとZussmanの関係に加え、一部未見のキャラクターやゲームシステムについて言及しています。

  • 登場するキャラクターについて:主人公となる第1歩兵師団第16歩兵連隊のメンバーに加え、以下のような主要キャラクターが登場する。
    • ドイツ人の家族
    • 2人の姉妹
    • イギリス軍の高官Crowley(英陸軍のEdgar Crowley少佐)
    • アフリカ系アメリカ人の将校Cormack(※ アフリカ系アメリカ人でCormackと言えば、俳優ラッセル・リチャードソンが演じたAdvanced Warfareのコーマックを想起させるが詳細は不明。ちなみにラッセル・リチャードソンは昨年のCoD XPにおいてSledgehammerパネルの司会を務めている)
    • 一部のパートでプレイアブルキャラクターとなるRousseau
  • Michael Condrey氏は、“Call of Duty: WWII”が単にナチスや米軍のチーム、アメリカの戦争に主眼を置いた作品ではないと語り、枢軸国や戦争の犠牲となった男女、戦争に深く関わった家族など、優れた演技を備えたグローバルなキャストを特色とすると強調している。
  • Michael Condrey氏によると、Ronald “Red” Daniels(プレイアブルキャラクター)とRobert Zussmanは幼少期からの友人とのこと。
  • “Call of Duty: WWII”のキャンペーンは、自動回復を廃止し分隊メンバーによる弾薬の供給や回復を特色とするが、プレイ中に支援を行うメンバーが死亡した場合、その支援は失われる。(弾薬を補給するメンバーが死亡した場合、弾薬の補充が困難となる)
  • ただし、分隊メンバーの生死はプロットの分岐を生まないとのこと。
情報元:GamesRadar

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその111
「言葉のチョイスはそれでいいのだろうか」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.