「Killzone 3」のデモンストレーションがサンフランシスコで開催、イベントから幾つかの新情報が明らかに

2010年5月27日 16:24 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Killzone 3」 キルゾーン 3

昨晩Guerilla Gamesがサンフランシスコで「Killzone 3」のデモイベントを開催しました。GuerillaのディレクターHermen Hulst氏が登場したこのイベントの中から、本作に関する幾つかの新しい情報が明らかになっています。

今回のイベントでは”Frozen Shores”と呼ばれるレベルのデモプレイが行われ、ヘルガーンを調査する事が目的のレベルであった様です。前作ではほとんどが都市環境の中で描かれましたが、今作では荒れ地からジャングル、さらに北極の海など、バリエーション豊かなステージでプレイが楽しめるようになっています。

Hulst氏は今作のこういったゲーム環境の全てが”新しいプレイスタイル”を提示すると発言しています。さらにこれまで線形だったゲームデザインに対し、今作では複数の経路を用意する事でこれまでの伝えられてきた前作の10倍にも及ぶレベルのサイズが実現された事を明らかにしています。

また、デモの中にはヘルガストの巨大な油田装置がプレイヤーのドロップシップに搭載されたタレットで崩壊し北極の海に崩れ落ちるようなシネマティックな演出が見られた事が記されています。

さらにデモの終わりでは今作で登場する”brutal melee system”(残忍なキルムーブの近接戦闘システム)が確認できるシーンが登場したとの事で、ISA戦士がフロアに横たわったヘルガスト兵に対して頭部をブーツで踏みつけ射殺するシーンなどが見られた模様です。

Hulst氏は今作のストリーミング技術が前作に比べはるかに改善された事を述べ、前作で見られたロードによるひっかかりが今作では見られなくなった事を明かしています。また今作に採用される新技術として”depth of field audio”(被写界深度オーディオ)が挙げられており、詳細は語られていませんがドップラー効果による音程の変化などがシミュレートされるのでしょうか。

情報元:Joystiq

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.