「Diablo III」の開発を率いたベテランTravis Day氏がBlizzardを退社

2018年7月17日 1:29 by katakori
sp
「Diablo III」「Travis Day」

2012年5月の「Diablo III」ローンチを経て、World of WarcraftからDiabloチームに参加し、The Rise of the Necromancerを含む“Reeper of Souls”以降の開発を率いたベテランTravis Day氏ですが、先週氏が自身のTwitterを通じて13年務めたBlizzard Entertainmentの退社を報告。先週末の金曜に最後の出社を終えスタジオを去ったことが明らかになりました。

(続きを読む…)

「Aliens: Colonial Marines」のおバカなAIはたった1文字のタイプミスが原因か、MOD開発者が報告

2018年7月14日 12:27 by katakori
sp
「Aliens: Colonial Marines」

傑作“Alien: Isolation”を除いて、多方面で壊滅的な状況を生み出したSEGAのエイリアンフランチャイズの中でも最大級の問題を引き起こしたGearbox SoftwareとSEGA、TimeGate Studiosの複雑骨折タイトル「Aliens: Colonial Marines」(2013年2月発売、PS3/Xbox 360/PC)ですが、本作が抱える数々の問題のうち、特に奇妙だったゼノモーフのAI挙動が“たった1文字のタイプミス”によって引き起こされていたのではないかと注目を集めています。

(続きを読む…)

OblivionやSkyrim、Falloutを含む「Bethesda Game Studios」のサウンド/楽曲製作にスポットを当てる短編ドキュメンタリーが公開

2018年7月10日 12:27 by katakori
sp
「Bethesda Game Studio」

Bethesda Game Studiosの歴史を紐解く長編ドキュメンタリー“The History of Bethesda Game Studios”と、Fallout 76の開発にスポットを当てる長編ドキュメンタリー“The Making of Fallout 76”に続いて、“闇の一党”クエストの誕生に焦点を当てた短編ドキュメンタリー“Designing Elder Scrolls’ Dark Brotherhood”を公開し、さらなる短編の公開を予告していたお馴染みNoclipですが、本日最新の短編ドキュメンタリーとして、Bethesda Game Studiosのサウンドと楽曲製作にスポットを当てる「The Music & Sound of Bethesda Game Studios (Skyrim, Oblivion, Fallout)」が公開されました。

今回の短編ドキュメンタリーは、かつてIon Stormで活躍したBethesda Game StudiosのベテランオーディオディレクターMark Lampert氏が“The Elder Scrolls IV: Oblivion”や“The Elder Scrolls V: Skyrim”、“Fallout”シリーズの知られざるサウンド開発について語るもので、スタジオ初のフルボイスオーバーに挑戦した“Oblivion”向けに用意したダイアログの原稿がアルファベット昇順で並べられていたといったエピソードや旧Falloutシリーズから流用したサウンド、ロン・パールマンのボイスアクト、コンポーザーJeremy Soule氏とInon Zur氏でそれぞれ異なる楽曲製作のアプローチなど、非常に興味深いディテールが確認できる必見の映像となっています。

(続きを読む…)

First 4 Figuresが「バンジョーとカズーイ」を再現した素敵なスタチューをアナウンス、発売は2019年Q3

2018年7月7日 11:04 by okome
sp
「Banjo-Kazooie」

本日、ビデオゲーム関連のフィギュアやアパレルを専門に扱うFirst 4 Figuresが、「バンジョーとカズーイ」を再現した高品質なスタチューをアナウンスし、“REGULAR”版と、金色のクロムめっきが施されたジグソーパズルのピースと音符、ジグソーパズルのピース型台座を特色とする“EXCLUSIVE”版を2019年Q3に発売することが明らかになりました。

(続きを読む…)

“X”をかたどった貴重なオリジナル「Xbox」のプロトタイプがMicrosoftのビジターセンターに登場

2018年7月2日 10:23 by katakori
sp
「Xbox」
Microsoftのビジターセンターに鎮座した神々しい初代“Xbox”のプロトタイプ

2000年に行われたGDCの基調講演に登壇したビル・ゲイツとSeamus Blackley氏がお披露目し、“X”の字をそのままかたどったアメリカンなプロトタイプケースが話題となった初代「Xbox」ですが、新たにXboxのソーシャルマーケティングを率いるGraeme Boyd氏が件のオリジナルケースのイメージを公開。Xboxの礎となった貴重なプロトタイプを、ワシントン州レドモンドのMicrosoft本社に建てられた新しいビジターセンターに展示したことが明らかになりました。

(続きを読む…)

2013年にアナウンスされた「Halo」の実写TVシリーズが遂に本格始動、10エピソードの製作が2019年初頭にスタート

2018年6月29日 10:08 by katakori
sp
「Halo」

2013年5月に開催されたXboxイベントにて、スティーブン・スピルバーグ監督とアンブリン、343が製作を率いる実写作品として正式にアナウンスされ、2014年5月に米大手TV局“Showtime”が放送権を獲得した「Halo」の実写TVシリーズですが、その後定期的な生存報告が行われるのみとなっていたプロジェクトの続報が待たれるなか、VarietyがTVシリーズの本格始動を報告。10エピソード分の製作をオーダーしたことが明らかになりました。

(続きを読む…)

“闇の一党”クエストの誕生にスポットを当てる「The Elder Scrolls」の新たな短編ドキュメンタリー映像が公開

2018年6月26日 18:10 by katakori
sp
「The Elder Scrolls」

先日、Bethesda Game Studiosの歴史にスポットを当てる長編ドキュメンタリー“The History of Bethesda Game Studios”に日本語字幕を追加したお馴染みNoclipが、新たにBethesda Game Studios関連の短編ドキュメンタリー「Designing Elder Scrolls’ Dark Brotherhood」を公開。「The Elder Scrolls IV: Oblivion」と「The Elder Scrolls V: Skyrim」における“闇の一党”クエスト誕生にスポットを当てる必見の内容となっています。

かつてLooking GlassとION Storm Austinで“Thief II”の開発に参加したBethesda Game StudiosのEmil Pagliarulo氏が“Thief”に対する初代“Tom Clancy’s Rainbow Six”の影響をはじめ、“闇の一党”クエストとボーン・アイデンティティーの共通点、暗殺という暗く重い内容を人気ドラマ“デクスター 警察官は殺人鬼”のようなある種のユーモアで軽減したアプローチ、お馴染み「お前を見ている」(We Know)誕生の経緯とTodd Howard氏の判断など、非常に興味深いトピックに言及する最新の短編ドキュメンタリーは以下からご確認ください。

(続きを読む…)

ThinkGeekが女性ドラゴンボーンを再現した「The Elder Scrolls V: Skyrim」の素敵なスタチューを発売

2018年6月22日 12:02 by katakori
sp
「The Elder Scrolls V: Skyrim」

本日、ThinkGeekがアーロイやヌカコーラガールに続く“Modern Icons”シリーズの第4弾となる「The Elder Scrolls V: Skyrim」の女性ドラゴンボーンスタチューをお披露目。公式ストアにて49.99ドルで販売を開始しました。

ThinkGeekの可愛い女性ドラゴンボーンは、ゲームのデジタルデータに基づきデザインされた全高9インチ(22.86cm)のPVC製スタチューで、外観を紹介する素敵なイメージと映像が登場しています。

(続きを読む…)

薬物で市民に幸福を強いるディストピアからの脱出を描く「We Happy Few」の発売日が2018年8月10日に決定、新トレーラーもお披露目

2018年6月11日 5:56 by katakori
sp
「We Happy Few」

先ほどスタジオの買収が報じられた「We Happy Few」の新トレーラーがお披露目され、今夏に延期となっていた本作の発売日が2018年8月10日に決定したことが明らかになりました。

(続きを読む…)

マスターチーフとブルーチームの戦いを描く「Halo」の新たなコミックシリーズ“Collateral Damage”の第1話が発売

2018年6月7日 16:09 by katakori
sp
「Halo: Collateral Damage」

E3の開催に先駆けて、様々な噂が飛び交う状況となっている「Halo」シリーズですが、本日Dark Horseが新たなコミックシリーズ「Halo: Collateral Damage」のリリースを開始し、第1話が各種デジタルストアで購入可能となっています。(参考:国内AmazonDark Horse, Comixology

(続きを読む…)

ArenaからFallout 4まで、スタジオの長い歴史をひもとく長編ドキュメンタリー「The History of Bethesda Game Studios」が公開

2018年6月6日 15:38 by katakori
sp
「Bethesda」

“The Witcher 3: Wild Hunt”や“Rocket League”をはじめ、ロメロやJonathan Blow氏、Brendan Greene氏、Marcin Iwińsk氏といった重要人物のインタビューを次々に公開している“Noclip”の新作として5月末にアナウンスされた、2本の長編ドキュメンタリー「The History of Bethesda Game Studios」と「The Making of Fallout 76」ですが、本日予定通り第1弾の“The History of Bethesda Game Studios”が公開され、1986年のBethesda Softworks設立から2001年のBethesda Game Studios設立を包括し、1994年の記念すべき“The Elder Scrolls: Arena”からお馴染み“Fallout 4”までの壮大な歴史を振り返る非常に興味深い映像が登場しました。

94年のArenaから98年のRedguardへと至るスタジオ初期の動向を追ったパート1“Step Into The Arena”、コンソール対応を果たしたMorrowindの開発やZeniMax傘下となったスタジオのビジネス的な変遷、野心作 Oblivionの誕生にスポットを当てるパート2“Winds of Change”、Falloutシリーズの再興とNew Vegasの取り組みを振り返るパート3“Going Nuclear”、MOD文化やネットコミュニティにおけるミームの台頭と重なったSkyrimの誕生と成功、当初はニューヨークを舞台の候補として計画していたもののMITのオープンキャンパスやボストンの著名なロケーションに影響を受けたFallout 4の興味深い誕生秘話を追ったパート4“Trusting The Process”の4章構成で描かれた1時間半規模の重厚なドキュメンタリーは以下からご確認ください。

(続きを読む…)

休憩動画:LEGO Worldsで「Dark Souls」の火継ぎの祭祀場を見事に再現したファンメイド映像“Dark Souls Re-bricked”

2018年6月4日 15:51 by katakori
sp
「DARK SOULS」

本日の休憩動画は、先日待望のローンチを果たした“Dark Souls: Remastered”が実はLEGO作品だったら……という妄想をLEGO Worlds(LEGOワールド 目指せマスタービルダー)で見事に再現したMythicMartyさんのファンメイド映像「Dark Souls Re-bricked」をご紹介します。

“火継ぎの祭祀場”を見事に再現したマップのディテールと楽しそうなゲームプレイは以下からご確認ください。

(続きを読む…)

“Music of the Spheres”初の公式音源化を含むレコード6枚組の超豪華な「The Music Of Destiny, Volume I Collector’s Edition Vinyl Box Set」が遂にアナウンス

2018年6月2日 11:01 by katakori
sp
「Destiny」

先日、Bungieが長年お蔵入りとなっていた“Music of the Spheres”のリリースを予告し話題となった「Destiny」ですが、本日Bungieが遂に“Music of the Spheres”初の公式音源化を含むレコード6枚組の超豪華な“Destiny”アナログサウンドトラック「The Music Of Destiny, Volume I Collector’s Edition Vinyl Box Set」を発表。2018年末の出荷に向けて、期間限定の予約販売を開始しました。(価格は99ドル)

(続きを読む…)

「Grand Theft Auto V」の累計出荷本数が9,500万本を突破、3ヶ月で500万本増を記録

2018年5月17日 9:21 by katakori
sp
「Grand Theft Auto V」

4月下旬に犯罪事業スターターパックを同梱する新エディション“Premium Online Edition”の販売が開始された「Grand Theft Auto V」ですが、本日Take-Twoが2018会計年度第4四半期の業績報告を実施し、本作の累計出荷が9,500万本を突破したことが明らかになりました。

(続きを読む…)

「Claptrap」の喋るUSBハブと車載充電器、“Claptastic Voyage”のアナログサウンドトラックが発売

2018年5月12日 11:26 by katakori
sp
「Borderlands」

予てから開発が進められているシリーズ最新作の発表に大きな期待が掛かる「Borderlands」ですが、新たにThinkGeekがシリーズの愛すべきマスコット“Claptrap”の新たな公式マーチャンダイズをアナウンスし、“Claptrap”の喋るUSBハブと同じく喋る車載充電器、そして“Borderlands: The Pre-Sequel – Claptastic Voyage”のアナログサウンドトラックの販売を開始しました。

(続きを読む…)

「Darksiders」のウォーが振るう巨大な剣“カオスイーター”を再現するMan at Arms: Reforgedの最新エピソードが公開

2018年5月8日 10:31 by katakori
sp
「Darksiders」

前回、PlayerUnknown’s Battlegroundsのマチェテを再現するエピソードをご紹介したAWE meの人気番組“Man at Arms: Reforged”ですが、本日最新エピソードが公開され、お馴染み「Darksiders」シリーズのウォーが振るう巨大な剣“カオスイーター”を再現する大変な映像が登場しました。

同シリーズ史上最大かつ最も重い武器と思われる“カオスイーター”の大がかりな鍛造と見事な仕上がり、持ち上げることすら困難な恒例の試し切りは以下からご確認ください。

(続きを読む…)

Marty O’Donnell氏とポール・マッカートニーが手掛けた“Destiny”のサウンドトラック「Music of the Spheres」が遂にリリースか、Bungieが予告

2018年5月1日 0:49 by katakori
sp
「Destiny 2」

ビデオゲーム史に残る名曲の数々を生んだコンポーザーMartin O’Donnell氏とBungie、同社の社長Harold Ryan氏を巡る複雑怪奇な法廷闘争を経て、お蔵入りとなっていたものの、昨年のクリスマスに極僅かな配布分から音源が流出していたMarty O’Donnell氏とMike Salvatori氏、ポール・マッカートニーによる初代“Destiny”の壮大な組曲「Music of the Spheres」ですが、2013年6月の発表からおよそ5年の歳月を経て、遂にBungieが“Music of the Spheres”を正式にリリースするのではないかと注目を集めています。

(続きを読む…)

スクウェア・エニックスが「HITMAN」シリーズ2作品の取り扱い終了を報告、ダウンロード版はIOIが販売を継続

2018年4月19日 18:34 by katakori
sp
「Hitman」

昨年5月のIo-Interactive独立を経て、今月4日にWarner Bros.が販売を手掛ける完全版とIo-Interactive設立20周年を祝う新コンテンツがアナウンスされた人気シリーズ最新作「Hitman」ですが、先ほどスクウェア・エニックスが国内向けに「Hitman The Complete First Season」および「Hitman Absolution」の取り扱い終了を報告し、2018年4月30日を以て両タイトルのパッケージ版とダウンロード版販売を終了することが明らかになりました。

報告によると、“Hitman The Complete First Season”のダウンロード版と“Hitman Absolution”のダウンロード版(Xbox 360/Steam)については、2018年5月1日からIo-Interactiveが販売を継続するとのこと。

(続きを読む…)

1 / 74912345...102030...最後 »
sp

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその132
「3コマ:えっ」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.