“Braid”を手掛けたJonathan Blow氏の新作「The Witness」にコンソール版リリースの可能性が再浮上

2011年12月3日 18:07 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「The Witness」

2008年にXBLA版のリリースを果たして以降様々なプラットフォームでリリースされ大きな成功を収めたパズルプラットフォーマー“Braid”を手掛けたJonathan Blow氏の新作パズル「The Witness」、これまでにも何度か開発の進捗をお知らせしてきた本作は非常に小規模なチームにより開発が続けられており、今年9月に行われたインタビューではコンソール版をリリースする予定が無いことが語られていました。

そんな中、Game Informerが新たにJonathan Blow氏へのインタビューを行い、コンソール版リリースの可能性が以前よりも若干高くなったことが明らかになりました。

Jonathan Blow氏はまずPCとiOSでのタイトルリリースを目指し、現在はコンソール版について具体的な決定がなされていないことを強調した上で、新たに2名のプログラマを雇用したことを明言。これが開発チームの可能性に大きな影響を及ぼしたと述べたBlow氏はコンソール版リリースの可能性が再び開いたと語りました。

非常に独創的なデザインで知られるJonathan Blow氏の新作がコンソールでも楽しむことが出来ればファンには嬉しいところですが、400種以上のパズルが登場するThe Witnessの進捗は9月中旬で約350のパズルが完成している状況で、PCとiOSに関するリリーススケジュールもまだ決定していないことから、コンソール版の登場にはまだまだ時間が必要な様子です。

情報元:Game Informer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.