Cliffy Bがシリーズ最新作「Gears of War: Judgment」でのベアード起用に言及、“悩む必要は全くなかった”

2012年6月12日 17:59 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Gears of War: Judgment」

先日開催されたMicrosoftのE3プレスカンファレンスにてお披露目を迎え、既に数本のマルチプレイヤー映像なども登場したPeople Can Fly開発によるシリーズ最新作「Gears of War: Judgment」ですが、本日Game InformerがCliffy BとRod Fergusson氏、PCFのクリエイティブディレクターAdrien Chmielarz氏が本作におけるベアードの起用について語る様子を収録したインタビュー映像を公開しました。

インタビューに登場したCliffy Bは、ベアードの起用がGears of War 3で彼の話が語られなかったことに起因していると語り、ベアード以外のマーカスやアーニャといった多くの主要キャラクター達が自分自身の物語を得たことを指摘していますが、Microsoftの調査データからフランチャイズで最も愛されているキャラクターの1人がベアードだったことが判明しており、実際のところベアードの起用について深く考える必要は全く無かったと説明しています。

さらにCliffy Bはなぜベアードがファンに愛されているのか自身の見解を提示、特にインターネットに象徴されるような冷笑的でイライラした皮肉な現実世界に我々は住んでいると説明し、そういった状況が皮肉屋で軽口なベアードと共鳴しているのだろうと語りました。

初代Gears of Warの前日譚が描かれるGears of War: Judgmentですが、若きベアードとコールにどんな物語が用意されているのか、シリーズの今後も含めた新展開に期待が高まるところです。

情報元及びイメージ:Game Informer, VG247

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.