セガと任天堂の過酷な企業戦争を描いた「セガvs.任天堂 ゲームの未来を変えた覇権戦争」のTVドラマシリーズ化がアナウンス、パイロット版はジョーダン・ヴォート=ロバーツが監督

2018年11月29日 13:12 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Console Wars」

本日、DeadlineがBlake J. Harris氏の名著「Console Wars」(国内では「セガvs.任天堂 ゲームの未来を変えた覇権戦争」として知られる、参考:Amazonの上巻/下巻)の TVドラマシリーズ化を報告し、レジェンダリー・ピクチャーズのTV部門“Legendary TV”と“Point Grey Pictures”(セス・ローゲンとエヴァン・ゴールドバーグが設立したプロダクション)が製作を進めていることが判明。さらに、映画“キングコング:髑髏島の巨神”や“Destiny 2”の実写トレーラーで知られるジョーダン・ヴォート=ロバーツがパイロット版の監督を務めることが明らかになりました。

2014年に発売された“セガvs.任天堂 ゲームの未来を変えた覇権戦争”は、任天堂が支配していた1990年代のアメリカ市場で繰り広げられたセガと任天堂の血で血を洗う企業戦争と生々しい内紛を描いたノンフィクションで、2014年2月にはセス・ローゲンとエヴァン・ゴールドバーグが本書の映画化に向けた取り組みを進めていました。

Deadlineの報告によると、俳優マイク・ロソリオがパイロット版の脚本を手掛けるほか、当初の計画通りセス・ローゲンとエヴァン・ゴールドバーグが製作に参加するとのこと。

今のところ、テレビシリーズのキャストや公開時期に関する詳細は不明ですが、“スーパーバッド 童貞ウォーズ”や“ソーセージ・パーティー”でお馴染みのコンビとジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督が90年代アメリカのコンソール戦争をどう描くのか、今後の続報に大きな期待が掛かるところです。

パイロット版の起用を自ら報告したジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督

情報元及びイメージ:ComicBook, Deadline

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.