ドラマ版「Hitman」には髪の生えた47が登場する、脚本を手がけるジョン・ウィックのデレク・コルスタッドが言及

2021年3月25日 12:42 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Hitman」

2017年11月にTVドラマシリーズ化が報じられ、映画“ジョン・ウィック”シリーズを生んだデレク・コルスタッドが製作と脚本を担当することが判明していた「Hitman」ですが、その後の動向に注目が集まるなか、デレク・コルスタッドがColliderのインタビューに応じ、なんとドラマに髪の生えた47を登場させることが明らかになりました。

ただし、この髪はある目的を持つ一時的なもので、デレク・コルスタッドが序盤の脚本について興味深いディテールを報告しています。

ドラマ版“Hitman”エピソード1と2の脚本を書き上げ、映画“第三の男”と“コンドル”を組み合わせたような作品になったと語ったデレク・コルスタッドによると、ドラマに登場する47はオリジナルと同じく選任のハンドラーの下で暗殺によって生計を立てるお馴染みのヒットマンながら、髪が生えた状態で登場するとのこと。

しかし、ある任務を通じてこれまで自分自身の選択と思っていた人生が実は仕組まれたものであることを知った47は、結果として頭髪の下に隠されていたバーコードを発見し、「自分は一体何者なのか」という謎に迫る、“ジェイソン・ボーン”シリーズ的な展開を描くことが判明しています。

デレク・コルスタッドによると、ドラマ“Hitman”は自身の出自を巡る“ジェイソン・ボーン”的なテーマだけでなく、自身の人生に関わる人物達の真実にもスポットを当てる内容になるとのこと。

今のところ、ドラマ“Hitman”の進捗やキャスト、公開時期に関する詳細は不明ですが、“ジョン・ウィック”シリーズを生んだデレク・コルスタッドが我らが47をどう料理するのか、今後の動向に改めて注目が集まるところです。

情報元及びイメージ:Game Informer, PC Gamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.