「Hitman」
SEMのロゴが記された謎のアートワーク、中心にはアタッシュケースを持った人物が見える

先日、モントリオールで開催されたデジタルフェスティバル“Mtl Dgtl”のイベント期間中に併催されたビデオゲーム業界イベント“The Montreal International Game Summit”(以下:MIGS)にスクウェア・エニックスの新スタジオ“Square Enix Montreal”(以下:SEM)が参加し、「Hitman」新作を思わせるコンセプトアートを展示していたことが明らかになりました。

これは、SEM公式サイトのMIGS参加レポートに掲載されたもので、MIGS会場にて新スタジオであるSEM内部の様子や、SEM所属アーティストによるアートワークの展示が行われたことが明らかになっています。

また、MIGS会場にはIOでKane & Lynch 2: Dog Daysのプロデューサーを務め、同シリーズやHitmanシリーズに深く貢献したMads Prahm氏が姿を見せており、氏がIOから移籍しSEMのプロデューサーに就任していることが判明。さらに、Kane & Lynch 2: Dog Daysのアートディレクターを務めたRasmus Poulsen氏もPrahm氏と同様にアートディレクターとしてSEMに移籍しており、先日Tore Blystad氏が新スタジオについて言及した通り、SEMがシリーズに馴染みのない全くの新鋭スタジオではないことが証明されました。

また、Rasmus Poulsen氏はMIGS会場で開催されたアーティスト達によるスケッチ対決イベントに参加しており、こちらでもHitmanとの関連を思わせるようなアートワークを描いています。

「Hitman」
MIGSに設けられたSEMブースの様子
「Hitman」
素敵なSEMスタジオ内部の様子
「Hitman」
インタビューの応じる元IOのプロデューサーMads Prahm氏
「Hitman」
スケッチイベントに参加したRasmus Poulsen氏
「Hitman」
「Hitman」
暗殺者を思わせるRasmus Poulsen氏のアートワーク、この手袋の人物は……
情報元及びイメージ:VideoGamer, SEM @MTLDGTL

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.