「ESA」

E3の運営やESRBレーティングの運営、2011年後半にはSOPAやカリフォルニア州の暴力ゲーム販売規制法案に対する意欲的な取り組みを見せたアメリカのビデオゲーム業界団体「Entertainment Software Association」(ESA)ですが、かつてE3の影響力が著しく減少(※ 過剰なプロモーション合戦に伴い見本市としての効果が疑問視された)していた2008年に同団体を脱会した“Activision Blizzard”が5年ぶりにESAへの復帰を果たしたことが明らかになりました。

これは、本日ESAがプレスリリースで発表したもので、“Activision Blizzard”に加え、Riot Gamesを買収しEpic Gamesも手中に収めつつある中国のTencentがESA入りしたことが判明しており、最近ではアメリカ社会における銃の問題を含むロビー活動やE3の復活など、Michael D. Gallagher氏体制の下でESAが徐々にその影響力を取り戻しつつある様子が感じられます。

なお、現段階でESAに加入している企業は合計37社となっています。

情報元及びイメージ:Joystiq

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.