「Borderlands」

昨日、VGXの放送開始早々にワールドプレミアとしてサプライズ発表され、ゲーマーの度肝を抜いたTelltale開発による「Borderlands」新作ですが、昨日公開されたプレミアトレーラーには幾つかの興味深いシーンが収録されており、来る新作のプロットやシリーズ本編との時間的な前後関係が窺える幾つかのディテールが浮上しています。

今回は、どうやらTelltale版“Borderlands”が、“Borderlands 2”本編の中盤以前の物語であることを示すイメージに加え、初代の第3弾DLCで起こった展開を経て、続編にほとんど姿を見せることがなかった巨大企業の1つ“Atlas”社が関係する気配を窺わせるイメージとディテールをまとめてご紹介します。

「Borderlands」
マーカスの店を訪れる謎の2人、看板の右にあるダクトらしきオブジェクトに注目
「Borderlands」
参考:リリスがサンクチュアリを浮上させる以前の店、ダクトの形状はTelltale版と同様
「Borderlands」
参考:サンクチュアリ浮上後の店舗、高く浮上したせいか、ダクトが大型化し日よけが付いている
「Borderlands」
右にマヤの指名手配書が張られている

上に掲載した4枚のイメージを総合すると、トレーラーに描かれたシーンは、マーカスが初代Borderlandsで最後に店を開いたTartarus Stationからサンクチュアリへと移り住み店を開いた以降かつ、Borderlands 2の中盤でリリスがサンクチュアリを浮上させる以前の出来事である可能性が高いと言えます。

また、マヤが既にImpending Storm教団と故郷のAthenasから距離を置き、お尋ね者となっていることを考慮すると、かなり“Borderlands 2”本編に近い時期である様子が窺えます。

「Borderlands」
トレーラーに登場した女性は“Fiona”、いかさまと詐欺、いんちきな治療で指名手配中
「Borderlands」
Fionaがマーカスに差し出した謎の物体、“Atlas”の文字がうっすらと確認できる
「Borderlands」
参考:色調補正し、Atlas社のロゴと比較したイメージ
なお、Atlas社はKnoxx将軍率いる私設軍隊Crimson Lanceの壊滅により、2ではパンドラから撤退している
「Borderlands」
もう1人正体不明の男、片手は義手で不敵な笑みを浮かべている
「Borderlands」
胸元にはハイペリオン社のロゴ、機械眼に加え、義手もハイペリオン製である様子が窺える
参考:昨日公開されたTelltale版“Borderlands”のアナウンストレーラー
参考:VGX中に放送されたインタビュー映像
情報元:reddit, イメージ:Steam

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.