「Chaos Reborn」

1994年にリリースされたX-Comシリーズの第1作目“UFO: Enemy Unknown”や“X-COM: Apocalypse”、2011年には高い評価を獲得した“Ghost Recon: Shadow Wars”を生んだストラテジージャンルのベテランJulian Gollop氏ですが、氏が2012年11月にリメイクを発表していた“Chaos: The Battle of Wizards”のPC/Mac/Linux向けリブート作品「Chaos Reborn」がPrefundiaにて発表を迎え、近くKickstarterを利用したクラウドファンディングキャンペーンを開始することが明らかになりました。

“Chaos: The Battle of Wizards”は、1985年にお馴染みGames WorkshopがZX Spectrum向けの作品として発売したターンベースのストラテジー作品で、プレイヤーを含む複数の魔法使いがバリエーション豊かな魔法を駆使しつつ最後に生き残る1人となることを目指すアリーナ戦闘を特色としていました。

Prefundiaの解説によると、新作“Chaos Reborn”は“Chaos: The Battle of Wizards”と同じターンベースの戦闘にRPG要素を追加し、Co-op可能なシングルプレイヤーキャンペーンに加え、複数のアリーナを舞台に2~6人のプレイヤーが戦いを繰り広げるマルチプレイヤーも導入されるとのこと。また、シングル/マルチ両方のステージはプロシージャル生成され、数百に及ぶ装備品や64種の魔法など、強力なキャラクターカスタマイズを特色とすることも判明しています。

なお、Julian Gollop氏はリメイクの発表以降、1年間に渡って本作のライティングやゲームデザイン、プロトタイプの設計、開発チームの構築など、様々な準備を進めていた様子で、自身の30年に及ぶ輝かしいキャリアにおいて、多くの賞賛を受けた作品群の中でも、オリジナルのChaosがこれまでに実現されていないポテンシャルを秘めた作品として際だっていると述べ、満を持して取り組む新作に強い意欲を示しています。

2011年の“Ghost Recon: Shadow Wars”以来、およそ3年ぶりとなるJulian Gollop氏の新作ですが、どのような体制で開発が進められているのか、来るKickstarterキャンペーンの開始に改めて期待が高まるところです。

「Chaos Reborn」
発表に併せて公開された召喚クリーチャーのデザイン
「Chaos Reborn」
Chaos Rebornのスクリーンショット、2人の魔法使いが使い魔を従え戦っている
「Chaos Reborn」
情報元及びイメージ:Eurogamer, Prefundia

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.