「Thief」

2月25日の海外ローンチが迫るEidos Montrealの新生「Thief」ですが、新たに本作がESRBのレーティング審査を17歳以上対象タイトルとなる“M”で通過したことが明らかになりました。

レーティングのサマリーによると、流血とヌード、強い言葉と暴力、強い性的コンテンツ、ドラッグ(阿片)の使用といった要素が含まれており、戦闘に伴う流血表現に加え、血の海に横たわる死体が頻繁に登場するほか、トップレスの売春婦が働く探索可能な売春宿や、ギャレットが性行為中のカップルを覗き見て情報を得るといったシーンが存在するとのこと。また、ダイアログには“f**k”や“sh*t”といった文言が含まれることも判明しています。

情報元:Examiner

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその99
「3コマ:ベテランどばきんを舐めるな」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.