「Hellraid」
“Boneyard”マップと思われるイメージ、奥に巨大な生物の骨が見える

まもなく開催されるクローズドベータテストの動向に注目が集まる「Titanfall」ですが、新たにGame Informerがロサンゼルスで行われたイベントで得た新マップの情報を開示し、現在ベータビルドへの実装が判明しているAngel CityとFracture以外に、“Boneyard”と呼ばれるマップが本編に用意されていることが明らかになりました。

Game Informerの報告によると、“Boneyard”は古いエンジニアリング施設の廃墟が存在する不毛な環境を舞台とするマップで、遠方に彷徨う巨大なリバイアサン的な生物から設備を守るために存在していた音波を発生する装置が誤動作したことから、プレイヤーが内部で戦えるほど巨大な生物の骨がマップ内に横たわる状況となっているとのこと。

また、前述した装置の誤動作により、空中に浮かぶNPC生物がプレイヤー勢力に対し敵味方の区別なく急襲する要素も存在することが判明しているほか、“Boneyard”がややTitan向けのマップで、Titanに有利なポイントが多数存在する一方で、Titan投下を長距離から待ち伏せ可能なマークスマン武器向けの有利なポジションなども用意されていることが明らかにされています。

なお、北米で2月14日中に開始される予定となっているクローズドベータテストですが、先ほどVince Zampella氏が当選コードの送付スケジュールに言及し、現地時間の13日夜遅くに送付される予定だと予告しました。今のところ正確な時刻は明らかにされていませんが、時差を考慮すると国内では早ければ明日の午前中から、遅くとも夕方5時頃までに最初の当選コードが配布されるものと思われます。

ベータの当選コードは現地時間の13日の夜遅くに送付予定
参考:昨年6月に公開された開発映像、2分11秒に“Boneyard”マップらしきフッテージが確認できる
情報元及びイメージ:Titanfall Blog

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.