「Amnesia Fortnight」

2011年に第1回のイベントが実施され、Costume QuestとStacking、Sesame Street: Once Upon a Monster、Iron Brigade誕生のきっかけとなったDouble Fineのプロトタイプ開発企画「Amnesia Fortnight」(※ 2週間でプロトタイプを開発し、製品化の検討が進められるスタジオの内部企画)ですが、先日Double Fineが今年の“Amnesia Fortnight”開始をアナウンスし、人気アニメ“アドベンチャー・タイム”の原作者としてお馴染みPendleton Ward氏がゲストクリエーターとして参戦を果たしたことが報じられていました。

アナウンスと同時に大量のアイデアが登場していた“Amnesia Fortnight”ですが、新たに2週間の期間が実際に与えられ開発が進められる優秀作品4タイトルが発表され、今年はゲームデザイナーJohn Bernhelm氏のアクションゲーム“Steed”、シニアプログラマーAnna Kipnis女史のエンパシーゲーム“Dear Leader”、アーティストDerek Brand氏のノワールテイストなアドベンチャー作品“Mnemonic”、そしてPendleton Ward氏が考案した謎の……よくわからない何か“Little Pink Best Buds”のプロトタイプ開発が改めて進められることが判明しています。

という事で、今回は年々悪乗りが加速しているアナウンスの茶番小芝居映像と、選出された4作品、さらに選考から外れたPendleton Ward氏の作品3タイトル分のコンセプト映像をまとめてご紹介します。

Double Fineと言えば小芝居、今年のアナウンス映像も凝りに凝っている
勇者……ではなくて馬が主人公のアクションゲーム“Steed”
Cart LifeやPapers, Please、博士の異常な愛情にインスパイアされた“Dear Leader”
ノワールテイストなアドベンチャー作品“Mnemonic”

でかいやつ、浮いてる子、片足だけ以上にでかいやつ、毛が生えたやつ、死んでるやつ、おならでるやつ、背が高いやつ、柔らかいやつなど、それぞれに固有の特性を持ち、全員がプレイヤーと友達になりたいと考えているピンク色の小さな謎の生き物たちとプレイヤーのインタラクションを描くPendleton Ward氏の“Little Pink Best Buds”。ただし、彼らはみんなで仲良くお友達になりたいわけではなく、それぞれに自分がプレイヤーにとって1番の親友でありたいと考えている。

その他、Pendleton Ward氏がアイデアを出した3作品

片っ端から矢を射るキューピットを描く“Cupid, You Fat Little Scamp”
王様のせいで人間ピラミッドの頂上に登ることになったおデブなJerryを描くDamnit Jerry
みんなに罵られつつ謝りながらピラミッドを登るJerryがとても可愛らしい
隔離された都市を舞台とするゾンビ物のサバイバルMMO“No More McDonalds”
ゾンビに噛まれて死ねば、今度はゾンビとしてのゲームプレイが始まる
情報元及びイメージ:Polygon, Edge, PC Gamer

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.