「Splinter Cell」

2012年11月に映画“ダークナイトライジング”のベイン役や“インセプション”の偽装士イームス役で知られる俳優トム・ハーディがサム・フィッシャー役に決定していた映画版「Splinter Cell」ですが、新たにロバート・ラドラムのベストセラー小説を映画化したボーン・アイデンティティーやボーン・スプレマシーといった作品で知られるダグ・リーマンが本作の監督となる最終交渉に入ったと報じられ注目を集めています。

これは、Hollywood Reporterが独占情報として報告したもので、真偽の程は今のところ不明ながら、“ボーン”シリーズを生んだダグ・リーマンと“Splinter Cell”の組み合わせはこれ以上ないマッチングだと言え、今後の続報に期待が高まるところです。

なお、映画版“Splinter Cell”は、Ubisoft Motion Picturesがマイケル・ファスベンダー主演の映画版“Assassin’s Creed”と共に製作費1億ドル規模のインディペンデント映画として製作を進めているもので、アメリカン・ハッスルのドラフトを手掛けたEric Singerがシナリオを担当していることが報じられていました。

情報元:Hollywood Reporter

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.