「Ultimate General: Gettysburg」

今年2月12日にSteam Greenlight入りし、南北戦争の決戦として知られる“ゲティスバーグの戦い”のみにフォーカスしたリアルタイムストラテジー作品となることが判明していたGame Labsの新作「Ultimate General: Gettysburg」ですが、先日本作初のゲームプレイを20分に渡って収録し、開発者による判りやすい状況説明や戦術に対するコメント、図表を付記した映像が公開されました。

今回ご紹介する映像は、“ゲティスバーグの戦い”が開始された1日目(1863年7月1日)の開戦から4時間ほど経過したゲティスバーグにほど近いセミナリーリッジ地域で繰り広げられた小競り合いを描いた同日午前9時から2時間程度のファーストミッションと、大量の増援により大規模戦に突入する午前11時頃の展開を描いたもので、戦闘の進行と状況が非常に判りやすいシンプルなAIとミニチュア感溢れる素敵なビジュアル、民家の居住者や地域、戦闘に参加した連隊の名称に至るまで再現された細かな作り込みが印象的な興味深いゲームプレイがたっぷりと確認できます。

Total WarシリーズのAI改善MOD“DarthMod”で知られるNick “Darth Vader” Thomadis氏がデザインを手掛ける“Ultimate General: Gettysburg”は、南軍のリー将軍が1863年7月2日の午前中に北軍を側面から攻撃せずに正面突破していたら、或いは7月4日にミード将軍が反撃を受けていたら……といった歴史のifをマクロな視点から追体験出来る1863年7月1日から4日の4日間のみにスポットを当て、1日の展開を3パートに分けて描くRTSで、シンプルなUIと本格的なAI、衛星写真や歴史的な地図を利用し、家屋や丘、土地の隆起を含む全てのロケーションを可能な限り正確に再現したマップを特色とすることが報じられています。

なお、Game Labsの報告によると、Steam Early Access版が4月から5月前半頃にリリースできるよう開発を進めているとのこと。

「Ultimate General: Gettysburg」
「Ultimate General: Gettysburg」
情報元及びイメージ:Ultimate General: Gettysburg

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.